電力自由化、ケイ・オプティコムのeo電気の申し込み始まる 画像 電力自由化、ケイ・オプティコムのeo電気の申し込み始まる

制度・ビジネスチャンス

 関西電力系のケイ・オプティコムは7日、電力小売サービス「eo電気」の申し込み受付を開始した。4月1日よりサービスの提供を開始する。

 「eo電気」の料金プランは、電気使用量が多い家庭ほど、割引率が上昇するのが特徴とのこと。たとえば関西電力(従量電灯A)で、1カ月500kWhを利用している場合、「eo電気」ではキャンペーン適用で年間約13,100円の割引になるという。

 利用料金は、「eo電気シンプルプラン」で、基本料金が1契約ごとに月額1,296円、電力量料金が1kWhにつき25.92円など。3月31日までに「eo電気」を申し込んだ場合、最大7,776円(月々648円割引×12カ月)のスタート割を実施する。契約事務手数料および解約精算金についても無料とする。

 家庭内の工事は不要で、現電力会社の解約手続きもケイ・オプティコムが代行する。料金支払いは、eo光ネット、eo光電話、eo光テレビの請求と一括処理することが可能。eo会員Webサービス「マイページ」で各種手続きや料金の確認もできる。

年間で最大7,776円を割引! ケイ・オプティコム、電力小売「eo電気」の申し込み受付を開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

    建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  3. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  4. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 映画『シン・ゴジラ』が描く“組織の美学”

  6. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  7. 中小企業冬ボーナス、上昇傾向のなか10万円以上下がった業種は

  8. セメント大手4社の16年4~9月期決算。全社が減収、営業減益

  9. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  10. 仙台市と山形市が包括的連携協定、横軸整備や産業振興、ドローン共同開発も

アクセスランキングをもっと見る

page top