コマツ、ハイブリッドシステムの大型ショベル 画像 コマツ、ハイブリッドシステムの大型ショベル

インバウンド・地域活性

コマツは、オフロード法2014年基準に適合した大型油圧ショベル「PC300-11(LC)/PC350(LC)-11」と同クラスのハイブリッド油圧ショベル「HB335-3(LC)/HB365(LC)-3」を2月1日から発売すると発表した。

大型油圧ショベルの新機種は、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを搭載する。

「HB335-3(LC)/HB365(LC)-3」はこれまで、コマツが20トンクラスのハイブリッド油圧ショベルで蓄積してきたノウハウと技術を活かして開発したシリーズ拡大商品で、新たにエンジン・油圧・ハイブリッドシステムのトータル電子制御とファンクラッチシステムを採用、従来標準機の作業性能はそのままに、燃料消費量を従来標準機に比べ22%と大幅低減した。

30トンクラスでは業界で初めて超低騒音型建設機械の基準値をクリアする。

また、新機種は、国内の販売機種では初めてKomVision(一般建機用周囲監視システム)を標準装備するとともに、オートアイドルストップ、レバーニュートラル検知、オペレーター識別機能を採用する。

価格はPC300-11が3550万円、HB335-3が4410万円(工場裸引渡し、消費税抜き)。

コマツ、低排ガス低燃費の大型油圧ショベルを発売…新世代エンジン搭載

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. JR東海がリニア坂下非常口新設の公募競争見積もり手続き開始

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top