コマツ、ハイブリッドシステムの大型ショベル 画像 コマツ、ハイブリッドシステムの大型ショベル

インバウンド・地域活性

コマツは、オフロード法2014年基準に適合した大型油圧ショベル「PC300-11(LC)/PC350(LC)-11」と同クラスのハイブリッド油圧ショベル「HB335-3(LC)/HB365(LC)-3」を2月1日から発売すると発表した。

大型油圧ショベルの新機種は、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを搭載する。

「HB335-3(LC)/HB365(LC)-3」はこれまで、コマツが20トンクラスのハイブリッド油圧ショベルで蓄積してきたノウハウと技術を活かして開発したシリーズ拡大商品で、新たにエンジン・油圧・ハイブリッドシステムのトータル電子制御とファンクラッチシステムを採用、従来標準機の作業性能はそのままに、燃料消費量を従来標準機に比べ22%と大幅低減した。

30トンクラスでは業界で初めて超低騒音型建設機械の基準値をクリアする。

また、新機種は、国内の販売機種では初めてKomVision(一般建機用周囲監視システム)を標準装備するとともに、オートアイドルストップ、レバーニュートラル検知、オペレーター識別機能を採用する。

価格はPC300-11が3550万円、HB335-3が4410万円(工場裸引渡し、消費税抜き)。

コマツ、低排ガス低燃費の大型油圧ショベルを発売…新世代エンジン搭載

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  4. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  5. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top