年末年始、交通量増加も渋滞は大幅減 画像 年末年始、交通量増加も渋滞は大幅減

インバウンド・地域活性

国土交通省は、年末年始期間中(2015年12月26日~2016年1月4日)、高速道路・国道の交通状況(速報)を発表した。

高速道路は、好天に恵まれたこともあって期間中の日平均交通量は3万7500台と前年度比3%増加した。最大日交通量は同5%増の4万6900台だった。

混雑状況は、悪天候による影響が少なく、10km以上の渋滞回数は153回と、前年度比61回減少した。このうち、30km以上の渋滞は6回で、同13回減少した。1月2日18時10分ごろ関越道・鶴ヶ島IC付近で交通集中と事故による渋滞49.0kmgなどが発生したものの、全体的には渋滞発生は減っている。

国道の主な区間(合計31区間単純平均)の日平均交通量は、同2%増の2万4800台となった。期間中の観光地周辺の主な国道区間(合計32区間の単純平均)は同2%増の2万1200台となった。

年末年始の高速道路、交通量増加も渋滞は大幅減

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

    中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  7. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  8. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  9. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top