年末年始、交通量増加も渋滞は大幅減 画像 年末年始、交通量増加も渋滞は大幅減

インバウンド・地域活性

国土交通省は、年末年始期間中(2015年12月26日~2016年1月4日)、高速道路・国道の交通状況(速報)を発表した。

高速道路は、好天に恵まれたこともあって期間中の日平均交通量は3万7500台と前年度比3%増加した。最大日交通量は同5%増の4万6900台だった。

混雑状況は、悪天候による影響が少なく、10km以上の渋滞回数は153回と、前年度比61回減少した。このうち、30km以上の渋滞は6回で、同13回減少した。1月2日18時10分ごろ関越道・鶴ヶ島IC付近で交通集中と事故による渋滞49.0kmgなどが発生したものの、全体的には渋滞発生は減っている。

国道の主な区間(合計31区間単純平均)の日平均交通量は、同2%増の2万4800台となった。期間中の観光地周辺の主な国道区間(合計32区間の単純平均)は同2%増の2万1200台となった。

年末年始の高速道路、交通量増加も渋滞は大幅減

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  3. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 沼津南一色線整備方針、高尾山古墳保護へトンネルと橋梁構造で

  6. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  7. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top