「よってらっしゃい」…Pepperがバナナの叩き売り実践 画像 「よってらっしゃい」…Pepperがバナナの叩き売り実践

インバウンド・地域活性

 企業などで採用され、活躍の場を広げているソフトバンクのパーソナルロボット「Pepper」。そんなPepperが今度は日本の伝統芸ともいえる「たたき売り」に挑戦する。

 Pepperが登場するのは、仙台市におけるドールのバナナ販売強化イベント。1月9日、10日に仙台市のヨークベニマル新田東店で、極撰バナナの大売出し(叩き売り)を実施する。

 店頭に立つPepperは、バナナの叩き売り発祥の地である福岡県北九州市門司港の「門司港バナナ叩き売り連合会」の公認を受けた。今回のイベントでも同連合会スタッフとともに叩き売りを実演する。なお、Pepperには連合会代表者と同じく、「今村さん」という愛称が付けられている。

 イベントの目標は1日10万円の売上げ。目標を達成したら、ご褒美として今村さんに有給休暇が与えられ、「故郷」である門司港に帰省するという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

    【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  2. 【爆買いの次に来るもの:4】人気の“神薬”、“棚買い”される陳列を!

    【爆買いの次に来るもの:4】人気の“神薬”、“棚買い”される陳列を!

  3. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

    【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  4. おにぎりが人気! 米の中食需要、前年比5%増

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2】バリ勝男クン。

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top