「よってらっしゃい」…Pepperがバナナの叩き売り実践 画像 「よってらっしゃい」…Pepperがバナナの叩き売り実践

インバウンド・地域活性

 企業などで採用され、活躍の場を広げているソフトバンクのパーソナルロボット「Pepper」。そんなPepperが今度は日本の伝統芸ともいえる「たたき売り」に挑戦する。

 Pepperが登場するのは、仙台市におけるドールのバナナ販売強化イベント。1月9日、10日に仙台市のヨークベニマル新田東店で、極撰バナナの大売出し(叩き売り)を実施する。

 店頭に立つPepperは、バナナの叩き売り発祥の地である福岡県北九州市門司港の「門司港バナナ叩き売り連合会」の公認を受けた。今回のイベントでも同連合会スタッフとともに叩き売りを実演する。なお、Pepperには連合会代表者と同じく、「今村さん」という愛称が付けられている。

 イベントの目標は1日10万円の売上げ。目標を達成したら、ご褒美として今村さんに有給休暇が与えられ、「故郷」である門司港に帰省するという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

    東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 富裕層インバウンドの法則その2

  9. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top