冷蔵庫でコミュニケーションやエンタメ?…サムスンが「Family Hub」発表 画像 冷蔵庫でコミュニケーションやエンタメ?…サムスンが「Family Hub」発表

IT業務効率

 サムスン電子は現地時間5日、「CES 2016」にてプレスカンファレンスを開催した。2016年のスローガンは、IoTのエコシステムのさらなる強化。本体にディスプレイを搭載する“スマホのようなスマート冷蔵庫”「Family Hub」などの新製品も披露した。

 ブランド全体のビジネス戦略については、サムスン電子の北米法人プレジデント兼COO Tim Baxter氏が登壇して説明を行った。Baxter氏は「2015年は商品カテゴリーの垣根を越えて、クラウドやネットワークによるサービスをシームレスにつなげることに注力してきた。成長を支えてきた3本の柱はホームアプライアンスにモバイルとテレビ。2016年もそれぞれのカテゴリーを強化していく」と力強く語った。

 壇上では今年北米で展開を予定するいくつかの注目すべき新製品が発表された。なかでも異彩を放っていたのは前面にタッチパネルディスプレイを搭載した冷蔵庫「Family Hub」だ。サムスンでは冷蔵庫を「家族が集まるキッチンの主役的な家電」に位置づけ、インターネットを活用したスマート化に注力してきた。今回はさらに情報が見られる、触って操作できるディスプレイを加えたことで、冷蔵庫をコミュニケーションやエンターテインメントが楽しめるツールへと進化させてしまった格好だ。

 タッチ操作に対応するディスプレイは右側のトビラの表側に搭載。サイズは21.5インチで、解像度はフルHDと高精細。クラウドにアップしたユーザーの写真データやカレンダーのスケジュールが表示できるほか、オンラインストリーミングなど音楽コンテンツが再生できるプレーヤーにもなる。本体にはスピーカーが内蔵されている。

 また、スマート冷蔵庫としての基本機能も欠かさない。トビラの内側にカメラを内蔵し、スマホのアプリから呼び出して冷蔵庫の中身が外出先からもチェックできる。さらに、MasterCardと共同開発のアプリサービス「グローサリー by MasterCard」により、アプリをインストールしたモバイル端末や、冷蔵庫から冷蔵庫に足りない食材を注文。MasterCardをはじめとしたクレジットカードで決済購入ができる。「Family Hub」は北米で今春に発売が予定されている。

 スマートウォッチはハイエンドモデルの「Gear S2 classic」を発表。メタルボディのカラバリはプラチナとローズゴールドの2色。Gear S2シリーズの交換バンドが多種類発売されるほか、Samsung Payによる電子決済への対応、年末までのiOS対応も明らかにされた。

 ほかにもWindows 10搭載の2in1タブレット「Galaxy Tab Pro S」を発表。軽量設計とスリムデザインを特徴とし、フルサイズキーボードとタッチパッドによるインターフェースも採用する。ディスプレイは12インチのフルHD有機EL。intel Core Mシリーズのプロセッサーを搭載し、快適な操作レスポンスを実現する。

 Tim Baxter氏は、北米サムスンが今後注力する3つの戦略を壇上で語った。一つは「IoT」のエコシステムを強化することだ。2014年にスマートホーム向けのプラットフォームを開発する米SmartThings社を買収したサムスンは、その後も両社のシナジーを活かしたホームセキュリティやエネルギーマネージメント系の商品を開発。今回のCESではホームセキュリティ系の新製品となるUSBアダプターの「Home Monitoring Kit」を開発し、2016年に発売するサムスンの薄型テレビの高級シリーズであるSUHDテレビに無料で同梱することを発表した。

 2つめの戦略はコンシューマーにとって、さらにシンプルで操作性の高い製品やサービスを提供すること。さらに3つめにはGalaxyシリーズをはじめとするモバイル製品を軸とした、IoTや電子決済、VRコンテンツなどのバリューチェーンを広げて行くことが挙げられた。VRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」については、今後サムスンのブランドから360度全天球イメージの自動撮影が楽しめるカメラを開発、商品化する計画があることも明らかにされた。

“スマホのようなスマート冷蔵庫”、サムスンが写真や音楽再生が楽しめる「Family Hub」発表……CES 2016

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  3. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

    国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  6. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

  7. AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

  8. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  9. 国交省が土木工事の積算基準を改定。ICT建機の経費上乗せ、「橋梁保全工事」新設

  10. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

アクセスランキングをもっと見る

page top