電力自由化、J:COM電力が一戸建て向け受付開始 画像 電力自由化、J:COM電力が一戸建て向け受付開始

インバウンド・地域活性

 ジュピターテレコム(J:COM)は6日、低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」の先行申し込み受付を開始した。専用ダイアルおよびJ:COMサイトから申し込み可能。サービスは4月より提供を開始する。

 J:COMは、2012年12月より、大規模マンションなどの集合住宅向けに電力提供サービス「J:COM電力」(高圧一括受電)を提供中。今回新たに、低圧電力小売事業として「J:COM電力 家庭用コース」を開始し、一戸建てにも電力の提供を行う。

 対象となるのは、全国15都道府県(北海道、宮城県、茨城県、埼玉県、群馬県、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、山口県、福岡県、熊本県)のJ:COMサービスエリア内の一戸建ておよび集合住宅各戸(約1,955万世帯)。

 J:COMサービス(ケーブル多チャンネル放送、高速インターネット、固定電話など。長期契約プラン)と組み合わせた場合、地域電力会社より料金を割り引いて提供する。割引率は、地域電力会社の従量電灯メニューの第3段階料金部分(300kWhを超過する分)が10%、第2段階料金部分(120kWhをこえ300kWhまで)が1%、第1段階料金部分(最初の120kWhまで)が0.5%。たとえば、関東の一戸建てでは、東京電力で月額約12,600円だった場合、年間で約6,800円の割引になるという。

 なお4月より高圧一括受電サービスは「J:COM電力 マンション一括コース」に名称を変更して販売を続ける。

J:COM電力、一戸建て向け「家庭用コース」の先行申し込み受付を開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 富裕層インバウンドの法則その4

アクセスランキングをもっと見る

page top