電力自由化、J:COM電力が一戸建て向け受付開始 画像 電力自由化、J:COM電力が一戸建て向け受付開始

インバウンド・地域活性

 ジュピターテレコム(J:COM)は6日、低圧電力小売りサービス「J:COM電力 家庭用コース」の先行申し込み受付を開始した。専用ダイアルおよびJ:COMサイトから申し込み可能。サービスは4月より提供を開始する。

 J:COMは、2012年12月より、大規模マンションなどの集合住宅向けに電力提供サービス「J:COM電力」(高圧一括受電)を提供中。今回新たに、低圧電力小売事業として「J:COM電力 家庭用コース」を開始し、一戸建てにも電力の提供を行う。

 対象となるのは、全国15都道府県(北海道、宮城県、茨城県、埼玉県、群馬県、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、山口県、福岡県、熊本県)のJ:COMサービスエリア内の一戸建ておよび集合住宅各戸(約1,955万世帯)。

 J:COMサービス(ケーブル多チャンネル放送、高速インターネット、固定電話など。長期契約プラン)と組み合わせた場合、地域電力会社より料金を割り引いて提供する。割引率は、地域電力会社の従量電灯メニューの第3段階料金部分(300kWhを超過する分)が10%、第2段階料金部分(120kWhをこえ300kWhまで)が1%、第1段階料金部分(最初の120kWhまで)が0.5%。たとえば、関東の一戸建てでは、東京電力で月額約12,600円だった場合、年間で約6,800円の割引になるという。

 なお4月より高圧一括受電サービスは「J:COM電力 マンション一括コース」に名称を変更して販売を続ける。

J:COM電力、一戸建て向け「家庭用コース」の先行申し込み受付を開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  7. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  8. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  9. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  10. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

アクセスランキングをもっと見る

page top