建設11団体が賀詞交歓会、建設業再生に一丸 画像 建設11団体が賀詞交歓会、建設業再生に一丸

マネジメント

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)、全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)など建設業関係11団体主催の新春賀詞交歓会が5日、東京都港区の東京プリンスホテルで開かれた。業界団体幹部、各会員会社、来賓の石井啓一国土交通相ら約1500人が出席し、新年のスタートに決意を新たにした。
 冒頭、中村日建連会長は、国交省の公共事業関係費が増額となった16年度予算案の編成に謝意を表明。その上で、「インフラのストック効果、社会資本整備の重要性を国民の目に見える形で訴える。建設業再生のために、生産性の向上、品質の確保、就業者の確保に向けた取り組みを一丸となって進める」と述べた。
 石井国交相は「建設現場のあらゆるプロセスにICT(情報通信技術)を導入するi-Constructionを本格実施し、『生産性革命元年』として省を挙げて取り組む。担い手確保は処遇改善に加え、若い人、女性の活躍の場をしっかり作りたい」と意気込みを述べた。基礎杭の施工データ流用問題で今後、「業界の発展をにらんだ対策」を打ち出す方針も明らかにした。
 乾杯の音頭を取った近藤全建会長は「有頂天になることなく気を引き締め頑張る1年だ。陰気の兆しが芽生えないよう頑張りたい」と述べた。

建設11団体が賀詞交歓会/建設業再生に一丸/石井啓一国交相「生産性革命元年」に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

    虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  2. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

    親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  3. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

    日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  6. 機能性乳製品続々……シリアル専用・花粉症対策など

  7. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  9. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  10. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top