「ブラック企業かも?」と思われる原因、その第一位とは? 画像 「ブラック企業かも?」と思われる原因、その第一位とは?

人材

 昨年10月に実施されたインターネット調査「この会社で働きたい!と思わせる採用活動とは?」の結果を、株式会社ESSPRIDE(東京都渋谷区)が発表した。調査対象は18歳から39歳で、3年以内に新卒採用または中途採用で就職活動をした男女計400名。

 「就職活動をした際、応募する企業選びで重視したことをお答えください」との問いに対し、最も多い回答は「仕事内容」(76.3%)。次いで「事業内容」60.3%、「給与・待遇が良い」51.5%の順となった。

 一方、「面接や選考の段階で、その企業が『ブラック企業かもしれない』と思った経験はありますか」との問いには、「ある」と答えた人と「ない」と答えた人の割合は全く同じ41.8%。ブラック企業という概念が一般に浸透していることを示す結果となった。

 また「面接や選考の段階で、その企業が『ブラック企業かもしれない』と思った理由」については、「離職率が高かった」が43.7%で最多。「休日や残業について詳しく教えて貰えななかった」が32.3%で続いた。その他では「社員の表情が暗かった」(22.8%)や「社長が恐かった」(18.0%)など、社内の雰囲気に関する要因にも多くの回答が集まっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

    建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  3. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

    建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  4. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

  5. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  6. 三井不動産、「働き方改革」に関する事業を加速

  7. 清水建設が建築施工系の新入社員向けに体験型通年研修を導入、ものづくりの魅力伝える

  8. 「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

  9. 女性作業員の「けんせつ小町」工事チーム、登録100件突破!

  10. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

アクセスランキングをもっと見る

page top