応用地質、16年中に新たな研究組織立ち上げ 画像 応用地質、16年中に新たな研究組織立ち上げ

マネジメント

 応用地質は、16年中に新たな研究組織を立ち上げる。グループ全体で保有している要素技術を組み合わせ、新たな商品やサービスなどの開発を加速。探査から分析、対策までのソリューション事業や、これまで蓄積したデータを加工したクラウドサービスなどの創造にもつなげる。茨城県つくば市にある研究所の新組織として設置する。
 同社は、将来的に従来の建設事業中心の調査業務が減少することを見据え、維持管理などの新分野で減少分を補いながら収益を伸ばす計画だ。
 新たなビジネスに注力するため、昨年4月に維持管理部を新設し、路面下の空洞調査の受注活動を本格的にスタート。海外子会社のレーダー計測機器の活用などグループの技術力を組み合わせ、探査から分析、対策までのソリューション事業を提供する。地盤沈下などの災害履歴、地震時の地盤の揺れ方など、蓄積してきたデータを加工したクラウドサービスも強化している。
 新しい研究組織は、グループ各社が保有する要素技術を組み合わせ、多様化、複雑化する顧客ニーズに対応する新たな商品やサービスの開発を進め、迅速な市場投入を目指す。各種の技術を組み合わせた新たなソリューション事業、クラウドサービスの創出も行う。
 同社は、将来的に情報サービス分野で年間10億~15億円、維持管理分野では空洞探査の対象を路面下に加えて斜面、盛り土、トンネルなどにも拡大し、年間30億~50億円の売り上げを目指す方針。これらの中核となる技術やサービスの開発なども新たな研究組織で対応する。

応用地質/研究所に新組織、16年中に立ち上げ/新商品・サービスの開発加速

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

    社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  2. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

    西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  3. 建設の雇用改善計画論点案、週休2日確保に向け多能工化推進

    建設の雇用改善計画論点案、週休2日確保に向け多能工化推進

  4. 国交省、「公共工事品確法」相談窓口の対応状況まとめる

  5. 玩具関連企業2014年実態調査……製造・卸は増収、小売は減収

  6. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

  7. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  8. イトーヨーカ堂、将来ビジョンは地域スーパーとの統合?

  9. 横浜市、2月オープンの南区新総合庁舎で親子探検ツアーを開催

  10. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

アクセスランキングをもっと見る

page top