応用地質、16年中に新たな研究組織立ち上げ 画像 応用地質、16年中に新たな研究組織立ち上げ

マネジメント

 応用地質は、16年中に新たな研究組織を立ち上げる。グループ全体で保有している要素技術を組み合わせ、新たな商品やサービスなどの開発を加速。探査から分析、対策までのソリューション事業や、これまで蓄積したデータを加工したクラウドサービスなどの創造にもつなげる。茨城県つくば市にある研究所の新組織として設置する。
 同社は、将来的に従来の建設事業中心の調査業務が減少することを見据え、維持管理などの新分野で減少分を補いながら収益を伸ばす計画だ。
 新たなビジネスに注力するため、昨年4月に維持管理部を新設し、路面下の空洞調査の受注活動を本格的にスタート。海外子会社のレーダー計測機器の活用などグループの技術力を組み合わせ、探査から分析、対策までのソリューション事業を提供する。地盤沈下などの災害履歴、地震時の地盤の揺れ方など、蓄積してきたデータを加工したクラウドサービスも強化している。
 新しい研究組織は、グループ各社が保有する要素技術を組み合わせ、多様化、複雑化する顧客ニーズに対応する新たな商品やサービスの開発を進め、迅速な市場投入を目指す。各種の技術を組み合わせた新たなソリューション事業、クラウドサービスの創出も行う。
 同社は、将来的に情報サービス分野で年間10億~15億円、維持管理分野では空洞探査の対象を路面下に加えて斜面、盛り土、トンネルなどにも拡大し、年間30億~50億円の売り上げを目指す方針。これらの中核となる技術やサービスの開発なども新たな研究組織で対応する。

応用地質/研究所に新組織、16年中に立ち上げ/新商品・サービスの開発加速

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  2. 電子部品業界も注目するロボット市場

    電子部品業界も注目するロボット市場

  3. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

    「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  4. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  5. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  6. パシコンがダイバーシティーを本格化! 身近な働き方改革へ

  7. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  8. 歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

  9. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  10. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

アクセスランキングをもっと見る

page top