「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長 画像 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

制度・ビジネスチャンス

トヨタ自動車の豊田章男社長は1月5日、都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ、クルマのつながる化技術に関して「クルマが変革、かつ100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには大変大切」との考えを示した。

クルマのつながる化を巡ってトヨタは1月4日、米国で2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載率を高めるなど、取り組みを加速する方針を打ち出している。

豊田社長は「『走る、曲がる、止まる、つながる』というのは、我々が今言い出した話ではなくて、かれこれ20年くらい前からいっている。20年前がどういう時代だったかというと、クルマのローンよりも携帯電話の方に若者が動き出した。その時に携帯電話を買ったらクルマが付いてきたといったようにクルマが変革したらどうなるのかを考え出したのが20年前で、それが『T-Connect』など現実を帯びた形で動いている」と解説。

その一方で「まだまだ『つながる』という意味では『走る、曲がる、止まる』に比べれば、開発途上」とも指摘し、「クルマが変革、かつ今後も、100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには、やはりつながるという機能は大変大切と思う」と述べた。

さらに「つながる技術が交通事故死ゼロというものにつながっていくことが目的になるべきと思っている」とも話していた。

トヨタ豊田社長「つながるという機能はとても大切」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

    国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  3. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  4. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  5. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  6. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  7. 千葉・幕張新都心の大型開発……三井不レジら8社のJVと県企業庁が土地分譲契約へ

  8. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  9. 東日本高速会社が多様な入札契約方式を積極導入

  10. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

アクセスランキングをもっと見る

page top