「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長 画像 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

制度・ビジネスチャンス

トヨタ自動車の豊田章男社長は1月5日、都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ、クルマのつながる化技術に関して「クルマが変革、かつ100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには大変大切」との考えを示した。

クルマのつながる化を巡ってトヨタは1月4日、米国で2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載率を高めるなど、取り組みを加速する方針を打ち出している。

豊田社長は「『走る、曲がる、止まる、つながる』というのは、我々が今言い出した話ではなくて、かれこれ20年くらい前からいっている。20年前がどういう時代だったかというと、クルマのローンよりも携帯電話の方に若者が動き出した。その時に携帯電話を買ったらクルマが付いてきたといったようにクルマが変革したらどうなるのかを考え出したのが20年前で、それが『T-Connect』など現実を帯びた形で動いている」と解説。

その一方で「まだまだ『つながる』という意味では『走る、曲がる、止まる』に比べれば、開発途上」とも指摘し、「クルマが変革、かつ今後も、100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには、やはりつながるという機能は大変大切と思う」と述べた。

さらに「つながる技術が交通事故死ゼロというものにつながっていくことが目的になるべきと思っている」とも話していた。

トヨタ豊田社長「つながるという機能はとても大切」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. インフラ維持補修更新費、今後40年で547兆円に/内閣府が初試算

    インフラ維持補修更新費、今後40年で547兆円に/内閣府が初試算

  4. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

  7. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  8. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  9. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top