「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長 画像 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

制度・ビジネスチャンス

トヨタ自動車の豊田章男社長は1月5日、都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で報道陣の囲み取材に応じ、クルマのつながる化技術に関して「クルマが変革、かつ100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには大変大切」との考えを示した。

クルマのつながる化を巡ってトヨタは1月4日、米国で2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載率を高めるなど、取り組みを加速する方針を打ち出している。

豊田社長は「『走る、曲がる、止まる、つながる』というのは、我々が今言い出した話ではなくて、かれこれ20年くらい前からいっている。20年前がどういう時代だったかというと、クルマのローンよりも携帯電話の方に若者が動き出した。その時に携帯電話を買ったらクルマが付いてきたといったようにクルマが変革したらどうなるのかを考え出したのが20年前で、それが『T-Connect』など現実を帯びた形で動いている」と解説。

その一方で「まだまだ『つながる』という意味では『走る、曲がる、止まる』に比べれば、開発途上」とも指摘し、「クルマが変革、かつ今後も、100年先も(クルマに)愛が付くものにしていくためには、やはりつながるという機能は大変大切と思う」と述べた。

さらに「つながる技術が交通事故死ゼロというものにつながっていくことが目的になるべきと思っている」とも話していた。

トヨタ豊田社長「つながるという機能はとても大切」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

    納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  2. 札幌市と北海道がJOCに26年冬季五輪開催提案書を提出、施設整備費は最大2920億円

    札幌市と北海道がJOCに26年冬季五輪開催提案書を提出、施設整備費は最大2920億円

  3. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

    ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  4. SCなどの商業施設開業動向、17年下期予定は25カ所/リモデルや中小型化にシフト

  5. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

  6. もやし「安売り歯止め」消費者も支持、スーパーやっと交渉の場に

  7. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  8. コルビュジエの国立西洋美術館を、建設の視点でとらえると?

  9. まだ間に合う! 中小企業のマイナンバー直前対策(前編)

アクセスランキングをもっと見る

page top