運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供 画像 運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供

マネジメント

 運輸・運送事業を営む企業を対象に、自動車の「衝突防止補助システム」が無料でモニター提供される。6日、衝突防止補助システム「Mobileye(モービルアイ)・プロダクツ」を販売しているジャパン・トゥエンティワン株式会社(東京都渋谷区)が発表した。

 自動車に後付で設置でき、追突防止などの警報効果や運転中の「ヒヤリハット」の防止効果がもたらされるという同システム。今回、無料モニターの対象となるのは“原則25台以上保有のバス・トラック及び社有車保有の企業・団体”で、取り付け後の3ヶ月間無償でモニター提供される。

 同システムではフロントウィンドウに取り付けたカメラの映像から、車両やオートバイ、歩行者、車線などを検知して衝突の危険を察知し、「前方車両衝突警報」「低速時前方車両衝突警報」「歩行者衝突警報」「車線逸脱警報」「前方車間距離警報」と5つの警報を運転手に伝えることができるという。

 無料モニターの申し込みは1月6日から2月末日まで。夜行バスや長距離トラックドライバーの安全管理の必要性が注視されるいま、大きなニーズがありそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

    五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  2. 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

    貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

  3. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

    国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  4. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  5. 防災週間 企業・行政機関で震災訓練が活発化

  6. 日建連、土木分野の生産性向上加速へ、道路高架橋など工法最適化

  7. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

  8. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  9. 全国建設業協会員の賃金水準が上昇、社会保険加入も改善

  10. 【新刊雑誌情報】営業のモチベーション……DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top