【2016を読む】半導体「レガシー技術」に脚光 画像 【2016を読む】半導体「レガシー技術」に脚光

制度・ビジネスチャンス

 半導体産業では世代の古い「レガシー技術」に注目が集まる。自動車の先進運転支援システム(ADAS)や、モノのインターネット(IoT)の普及拡大を背景に、センサーや通信を担うアナログ半導体や、モーターを駆動するパワー半導体が伸びる見通し。

 これらの半導体は必ずしも微細化などの先端技術を必要としない。その一方で、品質の高い製品を仕上げるには熟練技術者のノウハウが必要となり、組み立て技術も差別化のポイントになる。米オン・セミコンダクターが、米フェアチャイルド・セミコンダクター・インターナショナルの買収で同社と合意するなど再編が加速する可能性がある。

 またアナログ半導体やパワー半導体は、多品種少量で生産するケースが多い。先端の300ミリメートルウエハーではサイズが大きすぎるため、小回りの利く200ミリメートルウエハーに対する需要が高まる。米SEMIによると世界の200ミリメートルウエハーの月産枚数は12年は510万枚だったが、18年には7・1%増の546万枚に伸びる見通し。

 半導体製造装置メーカーも200ミリメートルウエハーの需要を取り込もうと新製品開発を活発化させている。「これまで各社は需要回復が本物かどうか見極めていたが、いよいよ本腰を入れ始めた」(SEMIジャパンの中村修代表)。

 ニコンは KrF(フッ化クリプトン)エキシマレーザーの露光装置を投入する。10年以上前に開発した製品と比べ、より細い線幅で回路を描けるようにしたうえで価格は300ミリメートルウエハー向けより大幅に抑える。

 日立ハイテクノロジーズは、十数年ぶりに200ミリメートル対応の測長走査型電子顕微鏡(SEM)「CS4800」を開発し受注を始めた。150ミリ、100ミリメートルのウエハーにも使える。3年後に年20―30台の販売を見込む。シンフォニアテクノロジーは子会社を通じて、ウエハー容器のふたを自動で開ける「ポッドオープナー」を投入した。

 また東京エレクトロンは熱処理成膜装置のファーネス(炉)などで、顧客ごとにカスタマイズした200ミリメートルウエハー対応製品の展開を検討する。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  5. 公共工事の執行を平準化、当初予算にゼロ国債計上へ

  6. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  7. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  8. 【あたらしい訪問型ビジネス:2】美容サロンが育児ママを救う!

  9. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  10. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

アクセスランキングをもっと見る

page top