石井国交相、自動車諸税の簡素化に言及 画像 石井国交相、自動車諸税の簡素化に言及

制度・ビジネスチャンス

石井啓一国土交通相は1月4日の閣議後会見で、自動車関係諸税について「複雑であることは間違いない。なるべく簡素化した方が望ましい」と述べた。

昨年末に決着した2016年度税制改正では、2017年4月の消費税10%時に、自動車取得税を廃止する一方で、購入初年度の自動車税に環境性能課税を上乗せすることが決まり、自動車に関する税金は複雑さを増している。

自動車ユーザーの税負担は重いかどうかとの質問に石井国交相は「なかなか評価は難しい」と述べ、明言を避けた。

自動車諸税「簡素化が望ましい」…石井国交相

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  5. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  6. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  7. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  8. 日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇

  9. 首都大学東京のベンチャー、次世代リチウムイオン電池開発会社を設立

  10. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

アクセスランキングをもっと見る

page top