インバウンドで東北を活性化! パソナが「VISIT東北」を設立 画像 インバウンドで東北を活性化! パソナが「VISIT東北」を設立

インバウンド・地域活性

 人材ビジネスを展開するパソナグループは5日、東北地方でのインバウンド観光開発とプロモーション事業を担う新会社「VISIT東北」を宮城県仙台市に設立した。

 同グループでは東北地方に新たな産業や雇用を生み出す起業家の輩出を目的に、「東北未来戦略ファンド」というベンチャーファンドを創設している。「VISIT東北」は同ファンドにより設立したもの。東北(仙台市)で生まれ育ち、東日本大震災時に石巻市でボランティア活動に従事してきた齊藤良太氏を社長とし、新会社を立ち上げた。

 同社では東北地方での広域観光を企画およびコーディネートする「観光開発事業」、外国人目線で地域の魅力を発信する「WEBメディア運営事業」、おもてなし教育や多言語コールセンターなどを通じてインバウンドビジネスを促進する「インバウンドマーケティング事業」を展開していく。

 インバウンドや各種プロモーションを通じて、東北地方の活性化を図るのが狙いだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  6. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その1

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top