インバウンドで東北を活性化! パソナが「VISIT東北」を設立 画像 インバウンドで東北を活性化! パソナが「VISIT東北」を設立

インバウンド・地域活性

 人材ビジネスを展開するパソナグループは5日、東北地方でのインバウンド観光開発とプロモーション事業を担う新会社「VISIT東北」を宮城県仙台市に設立した。

 同グループでは東北地方に新たな産業や雇用を生み出す起業家の輩出を目的に、「東北未来戦略ファンド」というベンチャーファンドを創設している。「VISIT東北」は同ファンドにより設立したもの。東北(仙台市)で生まれ育ち、東日本大震災時に石巻市でボランティア活動に従事してきた齊藤良太氏を社長とし、新会社を立ち上げた。

 同社では東北地方での広域観光を企画およびコーディネートする「観光開発事業」、外国人目線で地域の魅力を発信する「WEBメディア運営事業」、おもてなし教育や多言語コールセンターなどを通じてインバウンドビジネスを促進する「インバウンドマーケティング事業」を展開していく。

 インバウンドや各種プロモーションを通じて、東北地方の活性化を図るのが狙いだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top