【回転窓】頑張りが形を表す年に 画像 【回転窓】頑張りが形を表す年に

インバウンド・地域活性

 年末年始の休暇があっという間に過ぎ去り、きのうが新年の仕事始めだった方も多いだろう。もう少しおとそ気分に浸っていたい誘惑を何とか断ち切り、重い足取りで職場に向かった人も少なくないと思われる▼さて、2016年の干支は丙申(ひのえさる)である。これまでの頑張りが形になって表れるという意味があるそうだ。ちなみに、前回の丙申は1956(昭和31)年。当時の日本は、神武景気の真っただ中にあり、「もはや戦後ではない」が流行語になった▼昭和の大スター・石原裕次郎さんのデビュー作『太陽の季節』が公開されたのもこの年で、映画に影響を受けた無軌道な若者が「太陽族」と呼ばれた。60年を経て社会・経済の風景も様変わりしたことをあらためて思わされる▼ともあれ、今年はこれまでの頑張りが少しずつ形を成し、固まっていく年。完熟にはもう少し時間を必要とするこの時期が、先を見据える上で最も大切ではないか▼かじ取りがうまくいけば豊かな実りを手にでき、誤ればそれまでの苦労が水泡に帰す。実りを得るために自分が何を成すべきなのか、じっくりと考えたい。

回転窓/頑張りが形を表す年に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

    ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  2. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

    西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 民営化の仙台国際空港、LCC専用の旅客搭乗棟増設へ

  7. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

  8. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  9. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top