愛知県、環境調査センター・衛生研整備PFI、WTO入札公告 画像 愛知県、環境調査センター・衛生研整備PFI、WTO入札公告

インバウンド・地域活性

 愛知県は、PFIを導入する「愛知県環境調査センター・愛知県衛生研究所整備事業」の総合評価一般競争を公告した。WTO対象。参加表明書・資格審査書を2月8日から19日まで受け付ける。資格審査通過者にVE提案、事業提案書と入札書を5月31日までに提出してもらい、6月1日に開札する。
 参加できるのは、単体企業または企業グループ。設計企業は、県の入札参加資格者名簿に登録されている1級建築士事務所。建設企業は、経営事項評価点数が建築工事業1200点以上、電気工事業870点以上、管工事業860点以上。維持管理企業は、県の入札参加資格者名簿で大分類「役務の提供等」、中分類「建物等各種施設管理」に登録されている者。
 選定された事業者は、名古屋市北区辻町流7の6にある環境調査センターと衛生研究所が共用している本館・研究棟などの実施設計と建て替えを行った後、県に所有権を移転、既設施設とともに維持管理する。新施設についてはBTO(建設・移管・運営)方式を採用する。設計・新施設の建設期間は10月から19年3月まで。維持管理期間は19年4月から15年間。新施設完成後、一部既設施設の解体・撤去と外構工事を19年11月までに行う。
 基本設計は久米設計が担当した。
 新施設の規模は、SRC・S造(制震構造)4階建て延べ約7750平方メートル。新エネルギー・省エネルギー技術を積極的に取り入れ、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)を目指す。
 参加申請の受け付けに先立ち、入札に関する説明会が7日に環境調査センター・衛生研究所で行われる。参加希望者は6日正午までにメールで申し込む。問い合わせ・申込先は環境調査センター建設グループ(電話052・954・6624)。

愛知県/環境調査センター・衛生研整備PFI(名古屋市北区)WTO入札公告

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 富裕層インバウンドの法則その1

    富裕層インバウンドの法則その1

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】家事のイライラを解消!…6万個以上売れた洗濯バサミ

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  10. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

アクセスランキングをもっと見る

page top