日本の竹炭で地方創生、インバウンド&森林保護のTAKESUMI 画像 日本の竹炭で地方創生、インバウンド&森林保護のTAKESUMI

インバウンド・地域活性

 セミナーや社員研修を行う株式会社スーツと株式会社MDPは、株式会社TAKESUMIを設立すると発表。今後は竹炭を使ったインテリアを中心に、小物・アクセサリーや石鹸などを販売していく。

 竹を焼いて作る竹炭は日本ならではのもの。水環境や汚染土壌の浄化をはじめ、土壌改良、住宅の床下湿度調整、消臭など、さまざな用途で利用されている。

 また、竹は強い生命力を持つため、日々成長する竹は、森林を侵食しないように伐採する必要がある。これらの点から同社の取り組みは、地方創生やインバウンド、森林保護につながるものとして期待される。加えて、竹炭製品の生産においては、シニアや女性、障害者、ニート、留学生などの雇用を図るという。

 両社は昨年、期間限定で東京都台東区の谷中銀座商店街に竹炭ショップ「TAKESUMI」を出店した。今回の会社設立により、竹炭製品ビジネスをさらに進展させる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  6. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top