日本の竹炭で地方創生、インバウンド&森林保護のTAKESUMI 画像 日本の竹炭で地方創生、インバウンド&森林保護のTAKESUMI

インバウンド・地域活性

 セミナーや社員研修を行う株式会社スーツと株式会社MDPは、株式会社TAKESUMIを設立すると発表。今後は竹炭を使ったインテリアを中心に、小物・アクセサリーや石鹸などを販売していく。

 竹を焼いて作る竹炭は日本ならではのもの。水環境や汚染土壌の浄化をはじめ、土壌改良、住宅の床下湿度調整、消臭など、さまざな用途で利用されている。

 また、竹は強い生命力を持つため、日々成長する竹は、森林を侵食しないように伐採する必要がある。これらの点から同社の取り組みは、地方創生やインバウンド、森林保護につながるものとして期待される。加えて、竹炭製品の生産においては、シニアや女性、障害者、ニート、留学生などの雇用を図るという。

 両社は昨年、期間限定で東京都台東区の谷中銀座商店街に竹炭ショップ「TAKESUMI」を出店した。今回の会社設立により、竹炭製品ビジネスをさらに進展させる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  6. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  7. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  8. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top