施工管理技術検定16年度試験計画、2級学科受験「17歳以上」明記 画像 施工管理技術検定16年度試験計画、2級学科受験「17歳以上」明記

人材

 国土交通省は、監理技術者や主任技術者になれる国家資格を取得する各種の施工管理技術検定の16年度試験計画を公表した。若手の入職促進・定着に向け建設業法の施行令を改正し、2級技術検定のうち学科試験のみの受験可能年齢を「16年度中に17歳以上の者」と明記。2級検定の学科試験地を拡大し、土木は熊本、建築と電気は盛岡と長崎の2カ所をそれぞれ追加した。
 試験計画は、「土木」「建築」「電気」「管工事」「造園」「建設機械」の1、2級施工管理技術検定について定め、15年12月25日付で公告した。
 2級の学科試験はこれまで工業高校の指定学科の場合は3年在学中の18歳、普通高校卒だと実務経験を経た24歳で受験が可能だったが、16年度からはこれをすべて17歳で受験できるようにした。
 2級学科試験は、試験地追加で土木は20都市、建築と電気は21都市で受験が可能になる。今後、それぞれの試験機関である全国建設研修センター(土木)と建設業振興基金(建築、電気)が具体的な試験会場など決めて公表する。
 このほか、これまで明文化されていなかった専門学校卒業者の扱いについて、「高度専門士」を大学卒業者、「専門士」を短大卒と同等の扱いとすることを明記した。

国交省/施工管理技術検定の16年度試験計画公表/2級学科受験「17歳以上」明記

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 埋浚協幹部会見、働き方改革・生産性向上で担い手確保を

    埋浚協幹部会見、働き方改革・生産性向上で担い手確保を

  2. ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術

  5. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  6. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  7. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  8. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  9. 国交省/建設工事発注機関連絡会が初会合/働き方改革の取り組みなど情報共有

  10. 「農業女子プロジェクト」とのコラボ28社、ヒット続々!

アクセスランキングをもっと見る

page top