消えた村名が地域ブランドとして復活、岡山県の「豊國村」 画像 消えた村名が地域ブランドとして復活、岡山県の「豊國村」

インバウンド・地域活性

 豊國村(岡山県美作市)は、社名の由来となった旧村名を地域ブランドとして復活させ、米、黒豆、椎茸の販売を開始した。

 豊國村はかつての岡山県勝田郡に実在した村だが、1953年の地名変更にともない消滅した。しかし、豊國村には良質な農産物が採れたことから、地域ブランドとして復活。「豊國村」の店舗で農産物を販売することで、その名を全国に広げていく。

 ブランドの第一弾として、米、黒豆、椎茸の販売を開始。「豊國村こしひかり」や「豊國村あきたこまち」、黒豆「作州黒」、「原木しいたけ豊國村」を販売する。公式サイト上では米、黒豆、椎茸のほか、野菜や桃、ブドウの生産者も紹介しており、今後は順次、販売品目を拡大していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

    JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top