アイスもハラール! 外国人客見込む、横浜市の小野ファーム 画像 アイスもハラール! 外国人客見込む、横浜市の小野ファーム

インバウンド・地域活性

 横浜市戸塚区で酪農と肉牛を経営する(有)小野ファームは、豚肉やアルコール摂取などを禁じられているイスラム教徒向けに「ハラール」認証アイスの販売を始めた。アイスでは県内初。日本を訪れる外国人観光客が近年増え続け、2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、大手メーカーがまねをしにくい経営を展開する。
 小野ファームは同市戸塚区と泉区に直営店を構える他、羽田空港や同市桜木町、大学などでアイスを販売。関西国際空港での販売も検討する。

 外国人が集まる場所で店舗を展開する中、ハラール認証のアイスが全国的にも少ないことが分かり、14年12月から取得に向けた準備を始めた。

 基準は非常に厳しい。例えば砂糖は、精製過程で通常使用する骨炭を使っていないことや、生クリームは他の乳製品を作っていない単独の製造ラインを使わなくてはならない。専用のフリーザーや保管場所を設ける必要もある。原材料や製造元情報の提供や監査を経て15年6月、特定非営利活動法人(NPO法人)日本アジアハラール協会の認証を取得した。

 同社代表の小野利和さん(51)は「手間が掛かるが、逆に大量生産ラインが整った大手企業は、申請しにくいのではないか。認証を生かせる強みは十分にある」と見通す。

 現在、ミルクや抹茶、チョコなど7種の味を用意、同市戸塚区の本店で販売を始め、既に約1000個が売れた。小野さんは「手探り状態だが需要はある。イスラム教の人も、気軽に横浜のアイスを楽しんでほしい」と期待を寄せる。

ハラール認証アイス販売 外国人客見込む 横浜市の小野ファーム

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 伐採果樹で食器作り! リンゴや桃の木からスプーンやフォーク

  5. ヒ素含有土丹塊、従来の3倍処理できる新工法…大林組

  6. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  7. 東京・JR小岩駅南口再開発、今春にも準備組合設立

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 日本茶のブランド統一、動き加速。覚えて⇒帰って⇒買って

  10. 長野のレタス栽培、沖縄に技術“のれん分け”

アクセスランキングをもっと見る

page top