空き家管理代行フランチャイズの1号店がオープン 画像 空き家管理代行フランチャイズの1号店がオープン

インバウンド・地域活性

 エステートプロモーション北九州は4日、空き家管理のフランチャイズ(FC)「空き家ガーディアンズ」の運営を開始。フランチャイズ1号店として、山口県下関市に「空き家ガーディアンズ山口西店」をオープンした。

 同社では2013年から福岡県内で空き家管理サービスをスタートさせたが、そこで培ったノウハウをいかし、同FCシステムを開発。空き家管理の実務をスリム化し、基本料金を月額3000円(税別)に抑えたサービスを開発した。

 その他、オプションサービスも「室内状況確認サービス」500円、「室内定期清掃サービス」2500円、「敷地内除草サービス」3000~4000円と、すべてを定額制とした。料金はいずれも税別で、1カ月のもの。室内清掃や草刈り等については時間制とし、面積や状況などによる「別途見積り」はない。

 サービス利用者が空き家の所在地から離れた場所に住んでいるケースが多いことから、直接面談せずに契約作業を行ない、空き家管理の状況報告はインターネットを活用する。利用者にとっての利便性を高める一方、FC化することで新規参入を促進し、空き家ビジネスの普及拡大を目指す。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top