空き家管理代行フランチャイズの1号店がオープン 画像 空き家管理代行フランチャイズの1号店がオープン

インバウンド・地域活性

 エステートプロモーション北九州は4日、空き家管理のフランチャイズ(FC)「空き家ガーディアンズ」の運営を開始。フランチャイズ1号店として、山口県下関市に「空き家ガーディアンズ山口西店」をオープンした。

 同社では2013年から福岡県内で空き家管理サービスをスタートさせたが、そこで培ったノウハウをいかし、同FCシステムを開発。空き家管理の実務をスリム化し、基本料金を月額3000円(税別)に抑えたサービスを開発した。

 その他、オプションサービスも「室内状況確認サービス」500円、「室内定期清掃サービス」2500円、「敷地内除草サービス」3000~4000円と、すべてを定額制とした。料金はいずれも税別で、1カ月のもの。室内清掃や草刈り等については時間制とし、面積や状況などによる「別途見積り」はない。

 サービス利用者が空き家の所在地から離れた場所に住んでいるケースが多いことから、直接面談せずに契約作業を行ない、空き家管理の状況報告はインターネットを活用する。利用者にとっての利便性を高める一方、FC化することで新規参入を促進し、空き家ビジネスの普及拡大を目指す。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 建築物のひび割れ、ドローンで補修

    建築物のひび割れ、ドローンで補修

  3. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

    ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  4. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top