オーナー制農業のイチゴ「晴れ娘」、公式ネットショップ開設 画像 オーナー制農業のイチゴ「晴れ娘」、公式ネットショップ開設

インバウンド・地域活性

 農業3.0事業などを展開するファインシード(東京都渋谷区)は、野菜や果物などの栽培農園と提携し、農地の区画オーナーをマッチングさせる「こっそり農遠」を展開している。今回、岡山県の難波ファームで栽培したイチゴ「晴れ娘」を一般販売する公式オンラインストアを開設した。

 「こっそり農遠」は農園を区画割りし、区画オーナーを一般から募集するもの。区画オーナーになると、その収穫物を宅配便で受け取れるほか、スマートフォンを使って栽培期間中の育成状況を観察できる。栽培方法について農園とやりとりすることで、農園栽培を遠隔で体験できる仕組みだ。

 「難波ファーム」では独自開発したイチゴ品種「晴れ娘」を「こっそり農遠」により栽培。多くの区画オーナーが集まったが、区画オーナーをはじめ各所からの要望により、公式オンラインストアを開設した。自家用はもちろん、贈答用に木箱入りも用意する。

 「こっそり農遠」はいわば地方創生につながる農業IoTサービス。今回の公式オンラインストア開設で「晴れ娘」の認知度を向上させるとともに、「こっそり農遠」の普及拡大を図る。なお、同社では2016年度農園パートナーの追加募集を3月31日まで実施している。料金は月額1980円(税別)。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top