ハラル認証「カルピス」をマレーシアへ初展開! アサヒ飲料 画像 ハラル認証「カルピス」をマレーシアへ初展開! アサヒ飲料

海外進出

マレーシア初 現地の嗜好に合わせた「カルピス」
アサヒグループホールディングス株式会社は、12月28日、同社傘下のペルマニス社が、マレーシアにて「カルピス」ブランドを発売すると発表した。
マレーシアで初めての販売となる「カルピス」ブランドは、『カルピス』と『カルピスマンゴー』の2種類。ペルマニス社が現地消費者にむけた味の開発と市場調査を行い、日本で販売される同ブランドのコンセプトや技術をもとにアサヒ飲料とペルマニス社が共同開発した。

マレーシア国内にはイスラム教徒が多いことからハラル認証も取得している。

マレーシア市場における成長を加速
商品の販売は12月初旬より開始されており、現地の消費者らの嗜好に合わせて開発された味は、日本の『カルピスウォーター』より酸味と甘味がやや強めで濃厚な味わいとなっている。

アサヒ飲料は、2011年にマレーシア清涼飲料市場2位のペルマニス社を買収。缶コーヒーブランド『WONDA』を2013年に発売し、2014年には、食品関連大手、エチカインターナショナルホールディングス社の乳製品事業を買収。マレーシアでの飲料事業拡大を図る。

ペルマニス社は、商品ポートフォリオを「カルピス」ブランドにより強化し、マレーシア市場での成長をさらに加速するとしている。

(画像はアサヒグループHPより)

ハラル認証「カルピス」を展開 アサヒ飲料

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

    タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  2. SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

    SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

  3. シンガポールで14.8万平米の大型病院建設、五洋建設が受注

    シンガポールで14.8万平米の大型病院建設、五洋建設が受注

  4. 宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

  5. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  6. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

  7. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

アクセスランキングをもっと見る

page top