無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立 画像 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

マネジメント

 関電工は、道路舗装工事会社「東京ロードテクノ」を新たに設立した。2020年の東京五輪開催に向け増加が見込まれる配電線の地中化工事(無電柱化工事)に対し、工事の施工体制を整備するのが狙い。1月1日に営業開始した。
 東京ロードテクノは、15年10月1日に設立。本社所在地は江東区新砂3の6の8。社長には山本大介氏が就いた。事業内容は、道路舗装工事と土木工事。資本金は1億円で、関電工が全額出資している。
 無電柱化工事は、その地域の電力会社や地方自治体が発注元で、現在関電工は東京電力からの工事を主に受注している。関電工の水江博社長は日刊建設工業新聞の取材に対し、「新設道路での電柱の設置が原則禁止される『無電柱化推進法案』が今後成立した場合、国土交通省の主導で工事発注が進む可能性がある」と指摘。道路舗装・土木工事会社をグループに加えることで、受注体制と施工力の強化を図る考えを示した。
 事業目標について水江社長は「具体的な数値目標は設定せず、小さい工事からこつこつと実績を積み上げていきたい」と述べた。

関電工/道路舗装工事会社設立/無電柱化工事増加見込む

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国土交通省「年末年始の輸送に関する安全総点検」…今年はテロ対策なども

    国土交通省「年末年始の輸送に関する安全総点検」…今年はテロ対策なども

  2. 大成建設、小型の高性能摩擦制振ダンパーを開発

    大成建設、小型の高性能摩擦制振ダンパーを開発

  3. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

    アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  4. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  5. 中国ECサイト「天猫」に優遇出店できる100社を募集――ヤフー・アリババ

  6. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  7. 転職を思いとどまらせる切り札は「〇〇歳までの長期雇用」

  8. 東建、廃材の再生利用拡大を都議会自民に申し入れ

  9. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  10. 関東圏はサイズを問わず送料無料、老舗建材店が「建材ECサイト」をオープン

アクセスランキングをもっと見る

page top