【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(2) 画像 【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(2)

インバウンド・地域活性

■豆乳クリームや菊乃井との出会い
 ザクとうふを発売して間もなく、鳥越氏は不二製油の清水洋史氏(当時社長)から、「うちの豆乳クリームを使ってみないか」と話を持ちかけられた。豆乳クリームという名前に心当たりはなかったが、詳しく話を聞くと、どうやら新たに開発した商品だという。

 サンプルを飲んでみて、鳥越氏は驚いた。自社で豆腐の原料としてつくっているものとは比べものにならない、圧倒的なコク、旨味、甘み。そこに大豆臭さも無ければ、一切のエグ味も感じられない。これは凄い、何か新しい製品ができそうだ。そう思っていた鳥越氏の元に、今度は清水氏が豆乳クリームで作ったという豆腐を持って訪れる。

「これは絶対に清水さんが私に言わせたかったんだと思いますが、食べた瞬間に思わず口に出ていました。いやぁ、コレうちがつくったら、もっと凄いお豆腐になりますよって。そうしたら、それは豆腐は豆腐屋だよねって盛り上がって。隣に座っていた向こうの事業部長は、渋い顔をされていましたけどね(笑)」

 豆乳クリームとは牛乳からクリームを作るように、大豆を独自の製法で遠心分離したもの。通常の豆乳よりも脂質を多く含むため、固まりにくいという性質があった。そのため、清水氏が持ち込んだ豆腐も、無理に固めたような食感があったという。

 しかし、当時の鳥越氏にはある程度の勝算があった。絹や木綿のつくり方で固まらないならと、まずはよせ豆腐の製造に取り掛かる。試食した清水氏の評判も良く、実際に製品化の話も進んでいった。

 13年4月に不二製油はUSS製法についての記者発表会を行う。このとき、会場に招かれていた鳥越氏の印象に残っているのが、登壇者の一人として呼ばれた京都の老舗料亭「菊乃井」の主人、村田吉弘氏の一言だったという。「これで世界にいけるわと思いました」。そして、「うちでは鳥越さんのところで、豆腐をつくってもらいます」と。

「いやいや、そんな打ち合わせは一切していませんからと。どうも控室に置かせていただいたお豆腐を食べて頂いた時に思い付いたようなのですが、その一言から本当にコラボが実現して。その年のうちに製品化することができたんです」

 完成した「菊乃井とうふシリーズ」は、他の豆腐とはコクや旨味が全く違う商品となった。そのバリエーションは相模屋食料のプレミアムラインとして、今も高い人気を集めている。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top