【フォトレポート】日本一さびしい空港最寄駅!?

インバウンド・地域活性

この日、1855M列車で草江駅で降りた乗客は4人。うち2人が山口宇部空港へと歩いて向かった
  • この日、1855M列車で草江駅で降りた乗客は4人。うち2人が山口宇部空港へと歩いて向かった
  • 18時前、新山口駅で山口線の気動車列車(680D)を降りる
  • 列車を乗り換えた新山口駅で一杯。
  • 山陽新幹線・山陽線の新山口駅と宇部空港を結ぶ高速バス「空港特急」
  • 無人駅の草江駅。列車が去ると、あたりは再び静まり返る
  • コバルトブルーの海士ヶ瀬(あまがせ)を直線的に結ぶ角島大橋は山口・下関エリアのドライブスポットのひとつ
  • 山口県のまんなか付近に位置する、日本最大級のカルスト台地「秋吉台」もドライブスポットとして人気
  • 角島灯台。灯塔は珍しい「無塗装の総御影石造り」で、日本海側初の洋式灯台として稼働中
2015年、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台として注目された山口県は、2017年にディスティネーションキャンペーン(DC)をむかえる。その山口宇部空港の500m北には、乗車人員100人未満、列車は上下1時間1本ペースという無人の空港最寄駅がある。JR宇部線草江駅だ。

空港関係者は「空港利用者のほとんどがマイカーや高速バスを利用。正確なデータはないが、宇部線草江駅を使って電車で移動する人は、きわめて少ない」と話す。12月中旬、山口駅から山口線、宇部線の列車を乗り継ぎ、草江駅で降り、20時発羽田行き最終便(SFJ16)に搭乗した客は、わずか2人だった(写真32枚)。

無人駅の草江駅のまわりには、飲食店や観光案内所などもなく、夜はひっそり。駅のさびしさとは対照的に、レンタカー店舗は盛況で、スタッフは「山口県内をフルにめぐろうという客はレンタカーを選ぶ。西には角島や北浦街道(国道191号)といった海辺の道が人気だし、ことし日本ジオパークに認定された秋吉台や、世界遺産に登録された萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡など、そのほとんどがドライブ名所だから」と話す。

「長州地鶏・黒かしわを発信する長門の街や、ジビエ料理に取り組む下関の山間などをクルマで結べば、鶏・猪・鹿といった“肉つながり”のドライブが愉しめる」(県担当者)

2年後のDC開催が決まり、「2018年の明治維新150年に向けた『やまぐち幕末ISHIN祭』とも連動させ、JRと連携し観光客の受け入れ体制強化をすすめる」という県だが、草江駅の利用促進や周辺の整備については「いまのところ未定」とも話していた。

日本一さびしい空港最寄駅!? 山口DCまで2年、宇部線草江駅とその周辺[フォトレポート]

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

    横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  6. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top