先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは? 画像 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

イベント

 東京ビッグサイトで開催された「SEMICON Japan 2015」にて、シスコシステムズの鈴木和洋執行役員は、「IoTがもたらす次世代のデジタル社会とスマートシティ」というタイトルで講演を行った。同社は、スマートシティ領域のリーディングカンパニーである。

 スマートシティというと幅広い意味合いがあるが、同社のいうスマートシティとは、エネルギーや人々の暮らしを効率化することや、人々の暮らしを豊かにすることを目的とした取り組みのことを指している。講演では、同社の手掛けた、IoTを活用した海外のスマートシティの事例が紹介された。

■街中の至るところでIoTを活用し、暮らしやすい街づくりを実現
 まず事例として挙げられたのは、バルセロナ。バルセロナでは、10年以上IoTに取り組んでいるそうだ。具体的な取り組みとして、3つ挙げられた。まず1つ目は、スマートライティングと呼ばれる取り組み。これは、街灯の明るさを交通量の多さに応じて調整するというものだ。エネルギーの効率化に繋がる取り組みである。

 2つ目は、駐車場での取り組み。これは、駐車場の空きスペースをセンサーで感知し、空き状況をドライバーのスマートフォンに送信するというものである。空きスペースを探すために、駐車場内を無駄にグルグルと回ることがなくなる。環境にとってもドライバーにとっても優しい取り組みといえるだろう。

 そして3つ目は、ゴミ収集車の取り組み。ゴミ箱内の温度と重量を検知することにより、ゴミ箱の満杯・空き状況が分かり、Wi-Fiネットワークを通じてドライバーに送信される。これにより、ゴミ収集車が無駄に回ることはなくなる。作業時間やエネルギーの効率化に繋がるだけではなく、交通渋滞の緩和にも繋がる。

 バルセロナではこのようなスマートシティ化の取り組みをいくつも行い、過ごしやすい街づくりを実現。結果、多くの起業家の誘致に成功したという。企業数の増加に伴って雇用数も拡大し、税収の増加に繋がったとのことだ。

■犯罪者データを分析し、犯罪を未然に予防
 一口にスマートシティといっても、その内容は多岐に渡る。他の街ではあまり見られない取り組みをしているのがシカゴだ。シカゴというと、犯罪の多いというイメージがないだろうか。このような状況を改善するため、シカゴでは犯罪者のデータ(いつ、どこで、どんな犯罪が起きているのか)を市民に公表し、注意喚起を促している。それに加え、大学にデータを分析させることにより、その分析結果を用いて犯罪予防に活用しているとのことだ。

 この結果、街の安全性が向上し、人口が減少から増加に転じたそうだ。住みやすい街をつくるという意味では、シカゴもスマートシティ化の一事例といえる。

■IoTを活用して、顧客の待ち時間を減少
 スマートシティというと街づくりを想起するかもしれないが、各企業においてもスマートシティの取り組みを行うことが重要だ。その中でも、インフラを扱う企業がスマートシティに取り組むことは、特に重要である。そのような背景の中、鈴木氏が紹介したのはコペンハーゲン空港だ。
《まつかず・HANJO HANJO》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

    【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

  2. 【日本経営品質賞:2】携帯販売店の人を育てるコンサルタント

    【日本経営品質賞:2】携帯販売店の人を育てるコンサルタント

  3. 【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

    【VR展:1】バーチャルリアリティでモノ作りは何が変わる?

  4. 【実践ソリューションフェア:1】コンサル不要の新経営解析ツール

  5. 【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント

  6. 【ギフト・ショー】i Phoneケースに描かれた東京・関西の路線図は「ホンモノの基板」

  7. 【農業ワールド】農薬を散布できる自動飛行型ドローンが登場

  8. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

  9. 【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

アクセスランキングをもっと見る

page top