三菱商事、日清食品インドネシア現法に出資 画像 三菱商事、日清食品インドネシア現法に出資

海外進出

アジア4か国に加えインドネシアでの提携追加
三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、日清食品ホールディングス株式会社(以下、日清食品HD)のインドネシア即席めん事業に資本参加する。三菱商事が、日清食品HDインドネシア現地法人PT.Nissin Foods Indonesiaの議決権割合の34%を取得することを含む変更契約を締結したことを、12月24日に同社のWEBサイト上で発表した。

両社は2015年5月に、三菱商事が日清食品HDのシンガポール、インド、タイ、ベトナムの4か国における即席めん事業に34%出資する内容を含む戦略的アライアンス契約を締結していたが、今回はその戦略提携を強化する形で、提携先国が計5か国となった。

インドネシアでの即席めん市場の成長性
インドネシアでは現在、人口約2億5000万人、かつ若年層人口が豊富で今後も年間300万人程の人口増加が見込まれている。世界ラーメン協会によれば、その中で即席めんの年間消費量は約134億食(2014年)と、中国に次いで世界第2位の需要があるとされている。

なお、日本の即席めん年間消費量は世界第3位の約55億食であり、インドネシアでの事業拡大の重要さがみてとれる。

周辺国のハラール市場も狙う
こうした現状から、両社は同国での即席めん市場の更なる拡大を見込み、販路の拡大や営業体制の強化を図る。日清食品HDの持つ技術力や商品開発力、また三菱商事の提携先であるアルファグループなど小売販売網などを組み合わせて活用していくことに加え、ハラール市場を中心とした周辺諸国への輸出も強化する予定だという。

(画像はプレスリリースより)

三菱商事と日清食品HD、インドネシア即席めん事業で提携

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  4. バンドー化学、ベトナムに新工場

  5. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  6. 外国人に人気の日本食はラーメンではなく…鮮度で売れる食材は?

  7. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  8. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  9. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  10. 無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

アクセスランキングをもっと見る

page top