三菱地所、沖縄・下地島空港利活用事業で旅客ターミナル整備案 画像 三菱地所、沖縄・下地島空港利活用事業で旅客ターミナル整備案

インバウンド・地域活性

 三菱地所は25日、沖縄県宮古島市の下地島空港での旅客ターミナル施設の整備・運営事業について、沖縄県に事業提案を行ったと発表した。提案のコンセプトを「空港から、リゾート、はじまる」と定め、空港利用者や航空会社の視点に立った旅客ターミナル施設づくりに取り組むとしている。提案内容の実施を沖縄県が正式決定すれば、17年1月にも新築工事に入る予定だ。18年5月の開業を目指す。
 下地島空港は、宮古島と伊良部島に近接する下地島にある空港で、約20年前に定期便が運休してからは航空会社のパイロットの訓練施設などとして利用されている。敷地面積は約2万7000平方メートル。
 沖縄県は3月、「下地島空港及び周辺用地の利活用候補事業」として、三菱地所を含めて候補事業者4者を選定。利活用策の一つとして、国際線、国内線LCC(格安航空会社)、プライベート機などの受け入れ、航空路線の誘致活動を進める方針を示した。
 三菱地所の提案によると、プライベート機にとって使いやすい空港とするため、空港周辺に建設される宿泊施設などと一体的に空港を整備する。島全体でリゾート感を演出する「プライベートジェット空港を核としたスモールラグジュアリーアイランド」を目指すという。
 ほかの候補事業者のうち、星野リゾートは、空港周辺に富裕層向けのラグジュアリーホテルを開発する提案を行っている。

三菱地所/下地島空港(沖縄県宮古島市)利活用事業/旅客ターミナル整備案提示

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

    ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

  3. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  4. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  5. 富裕層インバウンドの法則その1

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. サミットから始まる人の縁、三重で進む移住プロジェクト

  8. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  9. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  10. 京都・四条河原町に複合型商業施設、宿泊特化型ホテルやスパ、オーガニックも!

アクセスランキングをもっと見る

page top