三菱地所、沖縄・下地島空港利活用事業で旅客ターミナル整備案 画像 三菱地所、沖縄・下地島空港利活用事業で旅客ターミナル整備案

インバウンド・地域活性

 三菱地所は25日、沖縄県宮古島市の下地島空港での旅客ターミナル施設の整備・運営事業について、沖縄県に事業提案を行ったと発表した。提案のコンセプトを「空港から、リゾート、はじまる」と定め、空港利用者や航空会社の視点に立った旅客ターミナル施設づくりに取り組むとしている。提案内容の実施を沖縄県が正式決定すれば、17年1月にも新築工事に入る予定だ。18年5月の開業を目指す。
 下地島空港は、宮古島と伊良部島に近接する下地島にある空港で、約20年前に定期便が運休してからは航空会社のパイロットの訓練施設などとして利用されている。敷地面積は約2万7000平方メートル。
 沖縄県は3月、「下地島空港及び周辺用地の利活用候補事業」として、三菱地所を含めて候補事業者4者を選定。利活用策の一つとして、国際線、国内線LCC(格安航空会社)、プライベート機などの受け入れ、航空路線の誘致活動を進める方針を示した。
 三菱地所の提案によると、プライベート機にとって使いやすい空港とするため、空港周辺に建設される宿泊施設などと一体的に空港を整備する。島全体でリゾート感を演出する「プライベートジェット空港を核としたスモールラグジュアリーアイランド」を目指すという。
 ほかの候補事業者のうち、星野リゾートは、空港周辺に富裕層向けのラグジュアリーホテルを開発する提案を行っている。

三菱地所/下地島空港(沖縄県宮古島市)利活用事業/旅客ターミナル整備案提示

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 国交省が木造先導型事業で6件採択、整備費補助、技術普及後押し

  5. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 富裕層インバウンドの法則その3

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. Wi-Fi整備や免税対応など、商店街のインバウンド対策に補助金

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top