建機、中国需要の回復は17年前半か、頼みの北米市場も失速 画像 建機、中国需要の回復は17年前半か、頼みの北米市場も失速

インバウンド・地域活性

 建設機械業界は2015年、中国での大幅な需要低迷に苦しんだ。通常はかき入れ時の春節明け商戦も、「空振りだったのは間違いない」(大橋徹二コマツ社長)と形容されるほど苦戦。地方政府の公共投資抑制や不動産投資の鈍化の影響で、油圧ショベルの需要は前年同月の半分ほどに落ち込む。中国での不振を受け、16年3月期業績見通しの下方修正が相次いだ。

 地方政府が投資を控えているため、鉄道敷設や河川造成などの大型工事が減っているという。習近平国家主席が進める反腐敗運動での摘発を恐れ、大型工事に後ろ向きになっているとみられる。

 前年の半分という低空飛行が続くかは別にして、需要低迷は今後も続くとの見方が大勢だ。日立建機の桂山哲夫執行役常務最高財務責任者(CFO)は「夏場も需要が立ち上がらなかった。下期も回復しないだろう」と予想する。

 16年の春節明けも需要が高まらない見通しだ。例年、春節明け商戦に備えて生産を増やし、在庫を蓄えるが、「今年は通常の生産体制で乗り切れる」(藤岡純コベルコ建機社長)、「特段大規模な増産計画は立てていない」(大橋コマツ社長)との声が挙がる。

 需要が回復するかは、中国政府が景気減速にどんな手を打つか次第という面がある。地方政府の財政難が解消されることや、新常態による新たな成長路線が整うことが条件になりそうだ。政府の景気刺激策の効果が出て、需要が回復するのは「17年第2四半期ごろになるのでは」(平岡明彦日立建機執行役専務)との予想が出ている。

 各社とも中国、東南アジアなど新興国での不振を、北米など先進国の堅調さでカバーしてきた。ただ、北米もシェール開発向け需要が今後落ち込むとみられる。先進国市場が持ちこたえているうちに、中国をはじめとする新興国市場をいかに立て直すか。耐える局面の中でも、次の一手が求められる。
(文=戸村智幸)

建機、中国需要の回復は17年前半か

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  7. 経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示

  8. 戸田建設がヘッドマウントディスプレー活用、施工現場を効率化

  9. 【ご当地美人】紅葉シーズン楽しんで!……ミス鎌倉・横山友梨香さん

  10. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

アクセスランキングをもっと見る

page top