宝塚市のガーデンフィールズ跡に文化芸術施設や庭園など配置 画像 宝塚市のガーデンフィールズ跡に文化芸術施設や庭園など配置

インバウンド・地域活性

 兵庫県宝塚市は、阪急宝塚駅東側の宝塚ガーデンフィールズ跡地(武庫川町、約1ヘクタール)の利活用方針案をまとめた。文化芸術施設と庭園を配置し、隣接する市立手塚治虫記念館をつなぐ開放的な広場空間や市民活動の場を設ける。
 15年度に基本設計を終え、16年度に実施設計を進める。17年度の着工を目指す。基本計画・基本設計策定業務は東畑建築事務所・地域計画建築研究所・E-DESIGNJVが担当。16年1月21日まで市民意見を募集する。
 2階建ての文化芸術施設は、作品展示やさまざまなイベントに対応するギャラリー、ホワイエのほか、創作スペースやカフェなどを設け、文化や芸術とのふれあい、想像力をはぐくむ場を提供する。手塚治虫の代表作や文化芸術関連の書籍を集めたライブラリーや子どもが遊べるキッズコーナーも置く。
 庭園には、開放的な広場や桜並木の遊歩道、せせらぎ、親水池などを配置し、自然にふれ合いながら多世代が交流できる場を整備する。文化芸術施設の屋上にも庭園を設置する。
 管理運営は、直営方式と指定管理者方式のいずれかを検討する。土地取得費は約15億円、施設整備費は約20億円を見込んでいる。実施設計をもとに、17年度から駐車場を含めた各施設の整備に順次着手する。

兵庫県宝塚市/ガーデンフィールズ跡活用方針案策定/文化芸術施設と庭園配置

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  7. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top