圏央道・埼玉区間全通の効果 画像 圏央道・埼玉区間全通の効果

インバウンド・地域活性

国土交通省は、圏央道・埼玉県区間が全線開通1か月後の効果を発表した。

10月31日に圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲ICが開通し、圏央道により湘南から東北がつながった。同区間の交通量は1日平均3万2600台だった。

主な効果として圏央道内側を通過していた東名高速~東北道の交通量が9割から3割と大幅に減少。首都高速中央環状線経由の交通量は1日当たり4300台だったのが2300台に減少した。

交通量が減少した首都高速中央環状線・大橋JCT~江北JCTの渋滞が約2割減少した。これまでに開通している圏央道の関越道~中央道間、中央道~東名高速間の交通量がそれぞれ約1割増加した。

また、沿線に立地する企業からは、移動時間が短縮し、配送が効率化するため生産性向上につながるほか、標準配送範囲が約1.2倍拡大したとの声があるとしている。

今後は2016年度に圏央道・境古河~つくば中央IC間が開通する予定。

圏央道・埼玉区間全通で、首都高中央環状線の交通量が大幅減少

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

アクセスランキングをもっと見る

page top