圏央道・埼玉区間全通の効果 画像 圏央道・埼玉区間全通の効果

インバウンド・地域活性

国土交通省は、圏央道・埼玉県区間が全線開通1か月後の効果を発表した。

10月31日に圏央道・桶川北本IC~白岡菖蒲ICが開通し、圏央道により湘南から東北がつながった。同区間の交通量は1日平均3万2600台だった。

主な効果として圏央道内側を通過していた東名高速~東北道の交通量が9割から3割と大幅に減少。首都高速中央環状線経由の交通量は1日当たり4300台だったのが2300台に減少した。

交通量が減少した首都高速中央環状線・大橋JCT~江北JCTの渋滞が約2割減少した。これまでに開通している圏央道の関越道~中央道間、中央道~東名高速間の交通量がそれぞれ約1割増加した。

また、沿線に立地する企業からは、移動時間が短縮し、配送が効率化するため生産性向上につながるほか、標準配送範囲が約1.2倍拡大したとの声があるとしている。

今後は2016年度に圏央道・境古河~つくば中央IC間が開通する予定。

圏央道・埼玉区間全通で、首都高中央環状線の交通量が大幅減少

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

    熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top