屋内用ロボット介護機器、安川電機が発表 画像 屋内用ロボット介護機器、安川電機が発表

IT業務効率

 安川電機は24日、ロボット介護機器「屋内移動アシスト装置」を開発したことを発表した。足腰が弱った高齢者がベッドやトイレの往復などを行う際に、立ち座りと歩行を支援するものとなっている。

 立ち座りの際にサポートテーブル部が垂直上昇することで、必要な力をアシストする仕組みとなっている。歩行器への乗り降りが困難な高齢者の方でも、自分の足で室内を移動することが可能となるため、介護者の負担も大きく軽減することが可能となる。

 屋内用となっており、病院や介護施設、在宅などでの使用を想定している。

高齢者の歩行を支援するロボットが登場……介護者の負担軽減も

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. JFEスチールら3社、合成地下壁構築の新工法を開発。仮設土留めを本設に活用

    JFEスチールら3社、合成地下壁構築の新工法を開発。仮設土留めを本設に活用

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  4. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  8. 東京メトロで「お忘れ物自動通知サービス」の実証実験/「なくすを、なくす」

  9. 画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら

  10. ネットショップで注文して実店舗で受け取れるサービス、紀伊國屋書店がO2O

アクセスランキングをもっと見る

page top