15年はヒト型ロボット普及元年!? 「Pepper」が1分で1000台完売 画像 15年はヒト型ロボット普及元年!? 「Pepper」が1分で1000台完売

インバウンド・地域活性

 ソフトバンクロボティクスは、ヒト型パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」の12月販売分1000台が、26日に受付開始から1分で完売したと発表した。

 同社では6月から毎月、「Pepper」を1000台の台数限定で販売している。6月販売分は6月20日午前10時からWebサイト上で申込を受け付けたが、受付開始後のわずか1分で1000台を完売。以降、12月販売分まで毎月こうした状況が続いている。

 「Pepper」は、法人向けで企業受付や店舗・イベントなどでのインフォーメンションで利用されるケースが多く、人目に触れる機会が増えたことで認知度が高まりつつある。コミュニケーションがとれるヒト型ロボットがなじみの存在となってきた。鳥取県では「Pepper」を宣伝部長に任命し、都内のアンテナショップでPR活動に活用したほどだ。

 「Pepper」のほかにもヒト型ロボットが登場し、オリックス・レンテックと日本サード・パーティは、仏製のヒト型ロボット「NAO」の法人向けレンタルサービスを開始している。2015年はヒト型ロボットの普及元年とも言える。16年はさらにヒト型ロボットの普及が進みそうなだけに、ものづくり企業にとってロボット市場にビジネスチャンスが広がると期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

    電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 大阪府池田市で大阪モノレール石橋地域の延伸計画、16年度から実現可能性検討

  6. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  10. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

アクセスランキングをもっと見る

page top