2016年1-3月期、鋼材需要見通し2.8% 画像 2016年1-3月期、鋼材需要見通し2.8%

マネジメント

経済産業省が発表した2016年1-3月期の鋼材需要見通しによると、鋼材需要量は、前年同期比2.8%減の2389万トンとなる見通し。

国内向け製造部門では、自動車需要が消費税増税後の反動減の一巡などにより前年を上回るものの、建設機械が排ガス規制による反動減、中国・ASEANなどの需要低迷により減少することから、産業機械需要が減少し、製造部門全体でもマイナスとなる見通し。

鋼材輸出は、エネルギー関連需要の減少やASEANをはじめ、アジアでの自動車需要の低迷、鋼材過剰供給により輸出環境が悪化していることなどから減少する見通し。

粗鋼需要量は2631万トン、同1.6%減となる見通し。2015年度(2015年4月~2016年3月)は1億0484万トン、前年度比4.6%と減少する見込み。

鋼材需要見通し2.8%減を予想、国内の自動車向けは増加…2016年1-3月期

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、「インフラメンテナンス国民会議」設置へ

    国交省、「インフラメンテナンス国民会議」設置へ

  2. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

    シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  3. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  4. 竹中工務店の1~6月期決算、売上高が7期ぶり6000億円超

  5. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  6. 主要卸売市場で「初市」…年末の相場安引きずり野菜は前年割れ

  7. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  8. シルバーウィークのJR指定席予約状況……ピークは下り9/19・上り9/23

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 東京電力、電力自由化に向けた特設サイト公開

アクセスランキングをもっと見る

page top