マレーシア貿易開発公社、日本向けハラル製品の輸出を支援 画像 マレーシア貿易開発公社、日本向けハラル製品の輸出を支援

海外進出

イオンマレーシアと協力し、セミナーを開催
マレーシア貿易開発公社(MATRADE)は21日、イオンマレーシアと協力し、ハラル産業での日本進出を目指すマレーシア企業などを対象としたセミナーを開催した。

MATRADEは、マレーシア製のハラル製品を日本市場に広め、それらの商品の輸出拡大を目指す。

オリンピック開催による需要を見込む
MATRADEは、ハラル産業で日本進出を目指す企業の支援、また、2020年に開催される東京オリンピックでの日本におけるハラル製品の需要を見込み、マレーシアの関連企業の日本進出を促進している。

今回のセミナーは、これらの活動を行うMATRADEの施策の一環としてイオンマレーシアと共に開催された。

参加者らは、セミナーにて、イオンマレーシアを通じて日本の市場に参入する方法、日本のイオンに商品を提供する場合に必要な注意事項や手順などの説明を受けた。

第一弾として食品を中心に
イオンは日本でも5000以上の店舗を有しており、国外では中国、カンボジア、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシアなどの13カ国以上に店舗を構える。

イオンマレーシアの岩崎暢志アシスタント・ゼネラルマネジャー(食品調達部門)は以下の様に述べている。
日本在住および訪日ムスリム(イスラム教徒)向けの商品ラインナップ拡充が狙い。第一弾として食品を中心に取り組んでいく。(NNA.ASIAより引用)

(画像はMATRADE HPより)

日本向けハラル製品の輸出を支援

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

    ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  3. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

    宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  4. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  5. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  6. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  7. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  8. フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

  9. こだわりの焼酎をPR、米国業者に蔵元ツアー/ジェトロ熊本センターが輸出支援

  10. よしもと、2月にバンコクでお笑いライブ! スリムクラブ他が出演

アクセスランキングをもっと見る

page top