【地方発ヒット商品の裏側】世界一予約の取れないレストランを唸らせた日本酒(3)

インバウンド・地域活性

発泡日本酒「MIZUBASHO PURE」
  • 発泡日本酒「MIZUBASHO PURE」
  • 永井酒造で代表取締役社長を務める永井則吉氏
  • 則吉氏が提案する「NAGAI STYLE」
  • 94年に完成した「水芭蕉蔵」。設備の近代化が進められている
  • 洗浄中の醸造タンク
  • 則吉氏のアイディアで完成した氷温タンク
  • 内部の温度がマイナスに保たれている
 則吉氏は独学で日本酒の瓶内二次発酵に成功した。そして、シャンパンに近づけるため、目標とする瓶内のガス気圧を5気圧としたのだが、何度試しても瓶内の気圧が上がらない。さらに、澱を引く作業も上手くいかず、理想とする透明度には遠い仕上がりだった。

 日本酒は一度封栓をしたら、何かを後で加えることができない。その時点でリキュールになってしまうため、仕込みの段階で方向性を決める必要があった。そのため、則吉氏は3年間をかけて、500通りの配合を試したという。それでも、目指すべき発泡日本酒はできなかった。

「それで、もう諦めようかと思ったときに、最後に試してみたいことがありました。本場シャンパーニュに行って、実際に製造の現場を見てみようと決意したんです」

 06年、則吉氏は渡仏し、ワイナリーで数か月に渡って研修を受ける。なぜ、シャンパンは瓶内二次発酵で、高いガス気圧を含んでいるのか? 理由は気づいてしまえば、ごく簡単なところに隠されていた。

 それまで、則吉氏は日本酒と同じ酒蔵に、仕込んだ酒を寝かせていた。しかし、ワイナリーにおける貯蔵庫の温度は、日本の酒蔵よりも高い。それは当たり前すぎるため、則吉氏が調べた本には書かれていなかった。さらに、澱の引き方についても現場で実演をしてもらい、それを元に帰国後に改良を施す。

 そして08年、ついに発泡日本酒「MIZUBASHO PURE」は完成した。その年のうちに、則吉氏はすぐに海外へと飛ぶ。ターゲットはミシュランの星を持つレストラン。世界が認めるシェフたちに、完成した発泡日本酒の味を試してもらいたかったのだ。

「『今まで飲んできた日本酒の中でも、こんなのは初めてだよ』。そう皆さんに言ってもらえたのが、本当に嬉しかったですね。それこそ、まさに僕が狙っていた反応でした」

 その後、MIZUBASHO PUREは世界に名だたるレストランへと、次々に納品されていく。09年には“世界一予約が取れない”とされる「エル・ブリ」からもオファーがあった。現在では日本の在外公館の日本酒リストにも、その名が載せられている。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top