コマツ、オフロード法対応ミニショベル 2機種 画像 コマツ、オフロード法対応ミニショベル 2機種

インバウンド・地域活性

コマツは、オフロード法2014年基準に適合したミニショベル「PC45MR/55MR-5」を発売した。

新機種は、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを新たに搭載。排出ガス後処理システム コマツディーゼルパティキュレートフィルタ(KDPF)、電子制御クールド排出再循環(EGR)システム、コモンレール式最適燃料噴射システムなどの様々な環境対応技術を織り込み、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減した。

また、新たにEモード、オートデセル、オートアイドルストップ機能を採用するとともに、エンジンと油圧システムを最適に制御するコマツ独自の電子制御システムの採用などにより燃料消費量を同社従来機に比べ5%低減した。

さらに、作業機レバーニュートラル検出機能、セカンダリエンジン停止スイッチ、およびシートベルト未装着警報などを新たに加え安全性を向上。加えて、多くの情報を見やすく表示する3.5インチカラー液晶多機能モニタや、取得可能なデータが大幅に増えたKOMTRAXの装備により、機械稼働の「見える化」を推進。キャブ仕様では、新設計の大型ドアの採用やエアコン標準装備などによりさらに快適なオペレータ空間を実現した。

価格(工場裸渡し・税抜)は標準バケット容量0.14立方米のPC45MRが590万円、同0.16立方米の55MR-5が640万円。

コマツ、新世代エンジン搭載のミニショベル 2機種を発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 富裕層インバウンドの法則その1

アクセスランキングをもっと見る

page top