東京・外環道の都内区間、分・合流部の技術検証が完了 画像 東京・外環道の都内区間、分・合流部の技術検証が完了

インバウンド・地域活性

 国土交通省関東地方整備局は、東京都内の大深度地下(40メートル以深)を通る東京外かく環状道路都内区間の建設に向け、鹿島や清水建設など大手ゼネコンら計9者(JV含む)に委託して進めていた本線シールドトンネルとランプトンネルの分岐・合流部計4カ所に適用する地中拡幅工法の検証・開発業務を完了した。各対象箇所につき3工法ずつ、計12工法の有用性を確認した。=4面に各工法の詳細
 業務完了を受け、関東整備局は、共同事業者の東日本、中日本の両高速道路会社らとの施工分担も視野に、最適な施工時期や発注手法などの検討に入る。16年度以降の工事発注に向けた予算要求の資料作成などは4月から進めている。
 地中拡幅工法の検証は、市街地への影響が少ない非開削工法を前提に実施。ランプトンネルの深さが大深度地下に達する東名、中央北側、同南側のジャンクション(JCT)3カ所と、青梅街道インターチェンジ(IC)1カ所の計4カ所が対象となった。本線トンネルは南行きと北行きの2本で構成することから、地中拡幅の施工箇所は計8カ所となる。

関東整備局/外環道都内区間、分・合流部の技術検証完了/12工法の有用性確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  2. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

    高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  3. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top