麦飯で内臓脂肪減…「キラリモチ」の機能を確認

インバウンド・地域活性

 大妻女子大学と農研機構などは、機能性成分のベータグルカンが豊富な大麦「キラリモチ」の麦ご飯に内臓脂肪を減らす効果があることを確認した。男女50人に麦ご飯を3カ月食べてもらった結果、内臓脂肪面積100平方センチ以上の人で効果が大きかった。腹囲100センチの人に当てはめると、男性で3.5センチ、女性で6.4センチ減る。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群=メタボ)改善という強みを商品開発に生かし、国産大麦の振興につなげる考えだ。
 「キラリモチ」は農研機構・近畿中国四国農業研究センターが育成(2012年品種登録)した。褐変しにくく炊飯に向くもち性品種で、インスリンを減らすベータグルカン含量が7.2%と通常品種の1.5倍ある。ベータグルカンには脂肪の蓄積を促すインスリンを減らす働きがある。

 この特性を踏まえ、同大は内臓脂肪が多い50人の男女に12週間、「キラリモチ」50%入りの麦ご飯を毎日2パック(1パック200グラム)ずつ食べてもらい、腹部の断面図から内臓脂肪面積の減り具合を調べた。その結果、メタボとされる内臓脂肪面積100平方センチ以上の30人は平均16.8平方センチ減少。メタボ予備軍を含む50人でみると、平均10.7平方センチ減った。

 同大栄養学研究室の青江誠一郎教授は「内臓脂肪の減少は茶など飲み物での成果はあるが、主食で確認できた例は少ない。炭水化物を取らないダイエットが流行するが、健康食として大麦を見直してほしい」と説明する。研究は農水省の「機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト」の一環で、官民で機能性弁当や加工品開発などに生かしていく。

 大麦の機能性は世界的に認められつつある。米国食品医薬品局(FDA)は06年、大麦のベータグルカンにコレステロールを減らす作用があるとして、ベータグルカンを1日3グラム以上取れる食品での健康強調表示を認めた。

麦飯で内臓脂肪減 「キラリモチ」に機能性 大妻女子大学など確認

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

    気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 富士通テンが4か国語対応ナビを発売、訪日外国人のレンタカー需要に対応

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top