木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携 画像 木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

インバウンド・地域活性

 京都府木津川市は、災害発生時に避難所などの防災情報を得るためのツールとして、防災ARアプリ「みたチョ」を活用することを同市のWebサイトで推奨している。

 「みたチョ」は一般社団法人全国防災共助協会が提供するスマートフォン向け防災ARアプリ。トップページの「避難誘導」をタップするとカメラが起動し、最寄りの避難所や近辺の避難所までの距離をARで表示。画面上の指示に従うだけで最寄りの避難所にたどり着くことができる。

 GPSを利用した誘導機能なのでオフラインでも使用可能という点が大きな特徴だ。災害時に通信環境が途絶した状態でも使用でき、旅先や土地勘がない場所でも避難所を見付けることができる。

 また、AR画面ではなく地図上で避難所を探すことも可能だ。ほかにも各都道府県の市町村別にまとめられた避難所一覧や災害情報なども閲覧することができる。

 iOS(6.0以降)とAndroid(4.0以上)の両OSに対応しており、各ストアから無料でダウンロード可能。

【地域防災の取り組み】木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  2. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

    今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

アクセスランキングをもっと見る

page top