木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携 画像 木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

インバウンド・地域活性

 京都府木津川市は、災害発生時に避難所などの防災情報を得るためのツールとして、防災ARアプリ「みたチョ」を活用することを同市のWebサイトで推奨している。

 「みたチョ」は一般社団法人全国防災共助協会が提供するスマートフォン向け防災ARアプリ。トップページの「避難誘導」をタップするとカメラが起動し、最寄りの避難所や近辺の避難所までの距離をARで表示。画面上の指示に従うだけで最寄りの避難所にたどり着くことができる。

 GPSを利用した誘導機能なのでオフラインでも使用可能という点が大きな特徴だ。災害時に通信環境が途絶した状態でも使用でき、旅先や土地勘がない場所でも避難所を見付けることができる。

 また、AR画面ではなく地図上で避難所を探すことも可能だ。ほかにも各都道府県の市町村別にまとめられた避難所一覧や災害情報なども閲覧することができる。

 iOS(6.0以降)とAndroid(4.0以上)の両OSに対応しており、各ストアから無料でダウンロード可能。

【地域防災の取り組み】木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  6. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top