木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携 画像 木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

インバウンド・地域活性

 京都府木津川市は、災害発生時に避難所などの防災情報を得るためのツールとして、防災ARアプリ「みたチョ」を活用することを同市のWebサイトで推奨している。

 「みたチョ」は一般社団法人全国防災共助協会が提供するスマートフォン向け防災ARアプリ。トップページの「避難誘導」をタップするとカメラが起動し、最寄りの避難所や近辺の避難所までの距離をARで表示。画面上の指示に従うだけで最寄りの避難所にたどり着くことができる。

 GPSを利用した誘導機能なのでオフラインでも使用可能という点が大きな特徴だ。災害時に通信環境が途絶した状態でも使用でき、旅先や土地勘がない場所でも避難所を見付けることができる。

 また、AR画面ではなく地図上で避難所を探すことも可能だ。ほかにも各都道府県の市町村別にまとめられた避難所一覧や災害情報なども閲覧することができる。

 iOS(6.0以降)とAndroid(4.0以上)の両OSに対応しており、各ストアから無料でダウンロード可能。

【地域防災の取り組み】木津川市、オフラインでも使える防災ARアプリと連携

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

    東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  4. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top