工具不要でワンタッチ取り付け、つり天井脱落防止用金物登場 画像 工具不要でワンタッチ取り付け、つり天井脱落防止用金物登場

インバウンド・地域活性

 戸田建設は22日、つり天井の脱落防止に使う接合金物(クリップ)を開発したと発表した。同一部材2個1組で、互いをはめ合わせるロック式の機構。下地材を挟み込むことで、脱落の原因となる下地材の倒れを防止する。新築・既存用の2種類を用意。新築の場合は工具を使ってビスやボルト留めをする従来のクリップに比べ、施工時間と材料コストをそれぞれ3割減らすことができるという。一般天井から特定天井までさまざまな種類の耐震化に役立てる。
 東日本大震災で天井の落下事故が多発したことを受け、国土交通省が14年4月に施行した天井の脱落防止に関する新告示では、ブレース近傍のクリップは地震の力を伝達するために許容耐力が定められた部材、その他の部材は外れを防止する部材を用いるとされている。
 開発した「ペアロッククリップ」は、新告示に対応した耐震クリップで、工具を使わずに手で留められるワンタッチ式にしたのが特徴。特定天井に適用する場合は、ブレース近傍のペアロッククリップにビスと滑り止め金物を併用し、地震の力をブレースに伝達する。
 クリップの性能は建材試験センターで確認済み。低コストで簡易に施工できる製品として自社の施工物件に導入するだけでなく、外販もしていく。
 販売は子会社の千代田建工、製造は能重製作所(東京都墨田区、能重彰彦社長)が担当する。

戸田建設/つり天井脱落防止用金物開発/ワンタッチ式で工具不要

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top