16年度農水予算案、1億円増の2兆3091億円で最終調整へ

インバウンド・地域活性

 政府は21日、2016年度の農林水産予算案について、総額を2兆3091億円とする方向で最終調整に入った。15年度より1億円増える。予算増を求める与党の後押しを受けて森山裕農相が同日、麻生太郎財務相との閣僚折衝に臨み、米の生産調整の鍵を握る「水田活用の直接支払交付金」などの増額を確保。その結果、予算総額も15年度をわずかに上回る見通しとなった。22日の与党農林関係会議に提示し、24日に閣議決定する。

 麦・大豆や飼料用米など転作作物への助成や、地域の裁量で使える産地交付金を含む「水田活用の直接支払交付金」の予算は、3078億円とする方向で最終調整する。折衝前は15年度と同額の2770億円までしか認められていなかった。

 同交付金の予算をめぐっては、主食用米の生産数量目標を達成した15年度には、飼料用米などの拡大に伴って当初予算だけでは財源が不足。18日に閣議決定した15年度補正予算案で積み増していた。16年度も生産数量目標を達成するには予算の増額が不可欠で、閣僚折衝の最大の焦点となっていた。与党内からも、必要な予算確保を要請する声が多く上がっていた。

 森山農相は折衝後、同交付金の予算が15年度は不足したことを踏まえ、「当初予算でしっかり確保することが大事だ」と記者団に強調し、折衝の結果については「(要望が認められたと)理解している」と語った。もう一つの閣僚折衝事項だった「次世代林業基盤づくり交付金」は、61億円で決着する見通しだ。15年度と同額だった折衝前の27億円から上積みした。

 これらの増額を受け、16年度の農林水産予算案の総額は、15年度比1億円増の2兆3091億円とする方向で最終調整する。財務省は当初、15年度より100億円程度削減するよう求めていた。だが、与党内からは環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受け、農家の生産意欲をそがないためにも「何が何でも右肩上がり」(西川公也・自民党農林水産戦略調査会長)と、増額を求める声が強く出ていた。

2兆3091億で最終調整 水田活用 増額を確保 16年度農水予算案

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top