本日の新聞から:2016年度の政府予算案決定、エコカー・生活支援強く 画像 本日の新聞から:2016年度の政府予算案決定、エコカー・生活支援強く

制度・ビジネスチャンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年12月25日付

●「1億活躍」重点予算、来年度案96.7兆円、4年連続最大(読売・1面)

●MRJ納入1年延期、18年半ばに強度改善で(読売・10面)

●モルタル厚み設計の倍、千葉トンネル事故、自重で剥落か(読売・38面)

●アルトワークス15年ぶりに販売、スズキ、ファンの声受け(朝日・10面)

●クリスマスの夜エコカーで彩る(朝日・11面)

●ホンダジェット1号機引き渡し(毎日・7面)

●EV長距離ドライブも安心、走行距離2割アップ、充電スタンド整備進む(産経・14面)

●富士重、特別利益482億円、国から賠償金、今期業績上方修正(日経・17面)

●ガソリン、9週連続下落、店頭123.5円、6年6か月ぶり水準(日経・23面)


ひとくちコメント

2016年度の政府予算案が決まった。一般会計の総額が過去最大の96兆7218億円で、国債の発行額を今年度より減らすものの、それでも34兆円強を新たに発行せざるを得ない。財政状況は一段と厳しさを増すとみられる。

政府が来年度予算案を決定したことで、きょうの各紙は「『1億活躍』重点予算」(読売)、「緊張予算『痛み』先送り」(朝日)、「目立つ生活支援色」(毎日)、「税収増頼み、歳出減進まず」(日経)などの見出しが際立つ。

このうち、エネルギー関連予算では、企業や家庭の省エネ促進と電気自動車など次世代エコカーの普及に重点が置かれているという。きょうの読売などが取り上げているが、中でも次世代エコカーの普及では、ユーザー向けに計137億円の購入補助金を用意。EV用の充電スタンドや、水素で走る燃料電池車用の水素ステーションの整備にも補助金87億円を確保している。

また、情報通信関連では、自動走行する電気自動車や電動車いす、小型無人機などの普及を目指し、それらの開発費に9億8000万円を新規に計上した。

ただ、各紙とも社説などでは「国民を見くびっている」(朝日)、「財政健全化に手を抜き、納税者を裏切る予算だ」(東京)などの手厳しい指摘もあることも見逃せない来年度予算案だ。

【新聞ウォッチ】2016年度の政府予算案決定、エコカー購入補助に137億円

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  4. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  5. 名古屋港のポートアイランド、活用策を探る

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(5):グッドマンジャパン社長兼CEO、開発地の調査徹底しリスク回避

  8. 専門誌の新年号は何を伝えたのか? 土木学会『ドボ博』に聞く

  9. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  10. マルチテナント型物流施設の市場拡大……建設コストが課題

アクセスランキングをもっと見る

page top