食品の地理的表示、「夕張メロン」など7品目が第1弾登録 画像 食品の地理的表示、「夕張メロン」など7品目が第1弾登録

インバウンド・地域活性

 地域の特色ある農産品や食品の名称を国が保護する地理的表示(GI)保護制度で、農水省は22日、その第1弾である「夕張メロン」や「江戸崎かぼちゃ」など7品目を登録した。産地の気候風土や伝統製法が産品の品質と結び付いていると認められた。登録産地は、他産品と区別した「GI産品」の強みを生かし、有利販売やブランド力向上、輸出拡大に意欲を示している。

 農水省での同日の登録証授与式で、森山裕農相は「今回の登録を契機に海外市場にも積極的に挑戦し、攻めの農林水産業の一翼を担っていただきたい」と期待した。

 GI保護制度の登録を受けた産品(登録順)は「あおもりカシス」(青森県)、「但馬牛」(兵庫県)、「神戸ビーフ」(同)、「夕張メロン」(北海道)、「八女伝統本玉露」(福岡県)、「江戸崎かぼちゃ」(茨城県)、「鹿児島の壺(つぼ)造り黒酢」(鹿児島県)。

 「夕張メロン」が登録されたJA夕張市の加藤春之組合長は「若い生産者にとって将来の励みになる。輸出増につなげたい」と展望した。「江戸崎かぼちゃ」が登録されたJA稲敷の田丸治組合長は「新規栽培者の確保に弾みを付け、TPP(環太平洋連携協定)を打開する起爆剤にしたい」と力を込めた。

 GI保護制度は6月にスタート。生産者団体が品質基準などを定め国に申請し、産地ならではの自然条件や製法と品質などの結び付きが認められた場合に登録される。産地の厳しい品質管理体制を国がチェックすることで品質を保証し、国内外で偽造品を取り締まるのが特徴だ。

 今回の登録産品は全て制度開始日に申請しており、登録番号はくじで決めた。今回の他にも40品目以上が申請中だ。今後、学識経験者の会議を月1回のペースで開いて審査し、登録を進める。

 GI保護制度は、既に欧州連合(EU)など100カ国以上が導入する。海外でのマークの不正使用を防ぐため、主要な輸出先の中国、台湾、香港など20カ国・地域でGIマークの商標を出願中だ。諸外国とのGIの相互保護に向け、農水省は地理的表示法の改正を進める。 

地理的表示まず7品 輸出拡大「起爆剤に」

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

    品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 特許総合力1位はオルガノ、電気脱イオン装置関連技術

  7. 富山の伝統工芸とコラボした「MADE IN TOYAMA」自動車発表……越中和紙や井波彫刻を活用

  8. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  9. 民泊提供者に代わって本人確認など、フロント業務代行サービス開始

  10. 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

アクセスランキングをもっと見る

page top