新国立競技場整備、優先交渉権者に大成建設グループ 画像 新国立競技場整備、優先交渉権者に大成建設グループ

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の整備事業者選定で、日本スポーツ振興センターは22日、参加した2グループの中から大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JVを優先交渉権者に決めたと発表した。同日開かれた新国立競技場整備計画再検討のための関係閣僚会議での了承を得て、正式決定した。16年1月上旬に事業協定書、同下旬に第I期事業(基本・実施設計、施工技術検討)の契約を結び、16年12月の本体着工、19年11月の完成を目指す。
=4面に提案の詳細
 公募型プロポーザル方式で選定作業を進めていた。同グループは、屋根部分を木と鉄骨のハイブリッド構造として木材をふんだんに用いるなど「木と緑のスタンド」をコンセプトとしたデザイン案を提案。提案金額は建設費(税込み)が1489億9993万円、設計・監理費が39億8584万円。同心円・同断面のシンプルな建築計画とするなど工期短縮に対する提案が高く評価された。
 同グループが提案した「A案」の施設規模は、S一部SRC造地下2階地上5階建て延べ19万4010平方メートル。高さを49・2メートルに抑えることで、神宮外苑への圧迫感を和らげる。下層階で地震エネルギーを吸収する「ソフトファーストストーリー制震構造」を採用し、屋根部分は木材と鉄骨のハイブリッド構造とする。
 建設費、設計・監理等費とも、要求水準書で求められた金額(建設費1528億円、設計・監理費40億円)を下回った。完成予定も、要求水準書で示された努力目標(20年1月末)より2カ月早くなる。
 19日に開かれた技術提案審査委員会(委員長・村上周三東大名誉教授)では、委員7人による合計点で610点(980点満点)を獲得。一方の伊東豊雄建築設計事務所・日本設計・竹中工務店・清水建設・大林組JVの602点を上回る評価を得た。この審査結果に、アスリートの意見などを踏まえ、JSCが大成建設グループを優先交渉権者として機関決定した。
 □3者一丸で工期厳守□
 優先交渉権者選定後にJSCが開いた記者会見で、大成建設の山内隆司代表取締役会長は「このような国家的プロジェクトを担えることは大変光栄で、重責を感じている。国民に喜んでいただけるスタジアムとなるよう、3者一丸となって精一杯取り組んでいく」と決意を表明。工期厳守のために、必要に応じて外国人労働者を積極活用する考えを示した。
 隈研吾氏は「法隆寺五重塔の屋根をモチーフに、軒が重なって周りの景観と融合するという日本の伝統の建築を現代的な形で表現した」と建築デザインを説明し、「今回の特徴は、周りが緑に恵まれた森になっていること。森と融合した建築となることが日本らしさであり、レガシー(遺産)になる」と日本のスポーツのシンボルとなる競技場の完成に自信を見せた。

日本スポーツ振興センター/新国立競技場整備/優先交渉権者に大成建設グループ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 富裕層インバウンドの法則その2

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top