事前飛行許可申請につかえるドローン可能なエリアマップ 画像 事前飛行許可申請につかえるドローン可能なエリアマップ

マネジメント

 ドローン販売大手のDJI JAPANは24日、 三井住友海上火災保険と提携し「ドローン賠償責任保険」の販売を開始。あわせて、事前の飛行許可が必要とされる飛行エリアのマップを、サイトで公開した。

 従来は、DJI JAPANの「Phantom 3シリーズ」「Matrice 100」には、 施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱され、1年間の損害賠償責任を無償で補償していた。今回の保険では、「操作ミスなどによる物理的な損害(第三者への対人/対物)」「撮影によるプライバシー侵害などによって被った人格権損害賠償責任」を、新たに補償する。補償額は1事故につき1億円・3億円・7億円の3プラン。対象機種は、Phantomシリーズ、Inspireシリーズ、Matrice 100など。取扱代理店はエアロエントリー。

 また、12月10日に航空改正法が施行されたことを受け、事前の飛行許可が必要とされる飛行エリアのマップを、東洋テックの協力のもと作成。人口密集地帯なども一目でわかるようになっている。

ドローンの飛行可能エリアマップが公開……事前許可のチェックが簡単に

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

マネジメント アクセスランキング

  1. 日本のユニコーン「メルカリ」の快進撃はいつまで続くのか

    日本のユニコーン「メルカリ」の快進撃はいつまで続くのか

  2. 新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

    新国立競技場の事業者選定が大詰め、アスリートから意見聴取を開始

  3. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

    「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  4. 特装車事業好調で増収増益……極東開発工業、第1四半期決算

  5. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  6. 大和ハウス工業とプロップが「空調機能付きベスト」を共同開発

  7. 【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top