事前飛行許可申請につかえるドローン可能なエリアマップ 画像 事前飛行許可申請につかえるドローン可能なエリアマップ

マネジメント

 ドローン販売大手のDJI JAPANは24日、 三井住友海上火災保険と提携し「ドローン賠償責任保険」の販売を開始。あわせて、事前の飛行許可が必要とされる飛行エリアのマップを、サイトで公開した。

 従来は、DJI JAPANの「Phantom 3シリーズ」「Matrice 100」には、 施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱され、1年間の損害賠償責任を無償で補償していた。今回の保険では、「操作ミスなどによる物理的な損害(第三者への対人/対物)」「撮影によるプライバシー侵害などによって被った人格権損害賠償責任」を、新たに補償する。補償額は1事故につき1億円・3億円・7億円の3プラン。対象機種は、Phantomシリーズ、Inspireシリーズ、Matrice 100など。取扱代理店はエアロエントリー。

 また、12月10日に航空改正法が施行されたことを受け、事前の飛行許可が必要とされる飛行エリアのマップを、東洋テックの協力のもと作成。人口密集地帯なども一目でわかるようになっている。

ドローンの飛行可能エリアマップが公開……事前許可のチェックが簡単に

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

マネジメント アクセスランキング

  1. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  2. 【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

    【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

  3. 長野県と福島県が「干し柿ファン」の開拓に取り組み

    長野県と福島県が「干し柿ファン」の開拓に取り組み

  4. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  5. モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

  6. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  7. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  8. 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

  9. 誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

  10. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

アクセスランキングをもっと見る

page top