下請けへのコスト転嫁対策始まる…中小企業庁らが第1回連絡会議 画像 下請けへのコスト転嫁対策始まる…中小企業庁らが第1回連絡会議

インバウンド・地域活性

 中小企業庁が下請けとなっている中小企業の取引条件改善に向け、関係府省による第1回目の連絡会議を開催した。

 会議は内閣官房副長官が議長となり、21日に開催。製造業や小売業、建設業、運送業など各業界での下請け事業者の状況を整理しながら、今後の対策について話し合った。

 中小企業庁では12月、発注元となる大企業と下請けとなる中小企業の両方に対して実態調査を実施。原材料や電気料金の上昇などが、下請けの取引単価に転嫁される事例がどの程度あるかを把握している。調査結果は分析後、2016年3月頃に公表する予定だ。

 取引関係の都合上から立場の弱い下請け企業が、景況などに左右されて不当な取引条件を強要されている。今回は調査を踏まえて、その対策を具体化していく見通し。対策の広報を行いつつ、中小企業庁で企業からの相談窓口機能を強化していく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

    トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  3. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 宮城県・古川七日町の西街区再開発、4月にも協議会発足。16年度に基本計画

  6. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場の解体着手

アクセスランキングをもっと見る

page top