外国人観光客向けアプリ『東京ハンディガイド』…25日、都がリリース 画像 外国人観光客向けアプリ『東京ハンディガイド』…25日、都がリリース

インバウンド・地域活性

 東京都が外国人観光客向けに、都内の観光情報などをまとめたスマートフォン向けアプリ「東京ハンディガイド」を開発した。日本語版のほか、英語版、簡体字版、繁体字版、韓国語版の4言語・5種類をリリースする。

 東京都はこれまで外国人観光客向けに紙の東京ハンディガイドを制作し、宿泊施設や公共交通機関などで配布してきた。2015年度は9言語10種類で、約390万部を発行している。今回は利用者拡大やさらなる利便性向上をはかるため、新たにアプリ版をリリースする形となった。

 アプリ版では観光スポット情報を掲載するほか、お気に入り登録機能、キーワード検索機能、オフラインで使える地図と路線図を搭載しており、旅行計画や現地での街歩きに役立てられる。

 アプリは無料。12月25日からApp Store及びGoogle Playで配信される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top