静岡・JAとぴあ浜松が地元産ミカンやセロリの青果ツリー 画像 静岡・JAとぴあ浜松が地元産ミカンやセロリの青果ツリー

インバウンド・地域活性

 静岡県浜松市の中心市街地に高さ3メートルの農産物ツリーが登場、話題を集めた。JAとぴあ浜松の合併20周年を記念した感謝祭のシンボルツリーとして今月中旬、特別に展示。イベント終了時には、展示した農産物数点を袋に詰め、一口100円でチャリティー販売を実施、長い列ができた。

 ツリーのように5段に積み上げた木箱の上には赤や緑、白、オレンジと配色を考えてミカンやセロリ、トマトやガーベラなど同JAの農産物約500個、25種類を並べた。最頂部には20周年記念のロゴ、周囲にはリースなどを飾り付けた。

 農産物は全て完売し、集まった2万4190円は、JA職員が歳末助け合い運動として同市役所に寄付した。

 同市浜北区から、家族や友達8人で訪れた鈴木愛生ちゃん(11)は「こんなにたくさんの種類の野菜が地元で作られているなんて、びっくり。野菜のツリーはいろんな色があってきれいだった」と笑顔を見せ、記念写真を撮って楽しんだ。

 担当したJA職員は「農産物のクリスマスツリーはインパクトがあって写真を撮る人も多く、チャリティー販売も好評だった。今後も多くの人に地元農産物をPRしていきたい」と手応えをつかんでいた。

25種類500点青果ツリー 地場産PR手応え 静岡・JAとぴあ浜松

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 原宿駅改修、五輪前に完了?

  5. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  6. 岡山県・津山文化センター、新築ではなく大規模改修で長寿命化を

  7. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 新橋、田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

アクセスランキングをもっと見る

page top